このページの本文へ

前へ 1 2 3 次へ

Windows情報局ななふぉ出張所第180回

auユーザーに毎月Pontaポイント付与:

KDDIとローソン 意外な相性の良さ

2019年12月23日 09時00分更新

文● 山口健太 編集● ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 12月16日、KDDIがPonta運営元のロイヤリティマーケティング、ローソン、三菱商事と共同会見を開き、ポイントやID基盤を統合することを発表しました。

 ローソンといえばドコモのイメージが強かったものの、全体を見渡してみると意外と相性の良い組み合わせになっています。

■ドコモ色の強かったローソンがKDDIと組んだ

 今回の発表により、2020年5月以降にKDDIはポイントやID基盤をPontaポイントに統合。KDDIはロイヤリティマーケティングとローソンに出資します。詳細は年明け以降、順次明らかになるようです。

 これまでKDDIは、高橋誠社長が「スマホと口座が1対1で紐付く時代になる」と語るように「au WALLET」を展開。ここにポイントや決済を集約しつつ、今後は金融サービスを拡大する構えでした。

2019年2月にauが打ち出したスマートマネー構想

 キャッシュレスではau WALLETプリペイドカードを展開しており、スマホ決済のau PAYでは楽天と組むことで加盟店を一気に増やしたものの、auユーザー以外を取り込むオープン化に出遅れた感がありました。

 一方、ローソンは共通ポイント「Ponta」を導入していたものの、2015年にはNTTドコモと業務提携。dカードで支払えば最大5%還元を受けられる施策などにより、Pontaからdポイントに移行する人が増えていたのではないかと想像できます。

ドコモの2015年夏モデル発表会。ローソンとの業務提携を発表した

 国内で広く普及する共通ポイントとして、Tポイントはソフトバンク、dポイントはドコモ、楽天スーパーポイントは楽天と、それぞれ通信キャリアと紐付いていることを考えれば、最後に残ったPontaとKDDIが組むのは必然的な流れといえるでしょう。

au PAYとPontaの加盟店を合わせてカバー範囲が広がる

前へ 1 2 3 次へ

カテゴリートップへ

この連載の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン