このページの本文へ

柳谷智宣がAdobe Acrobat DCを使い倒してみた第104回

自分の印鑑をAcrobatで使える電子印鑑にする方法

Adobe ScanとPowerPointで印鑑を電子印鑑にしてみる

2019年11月20日 09時00分更新

文● 柳谷智宣

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

本連載は、Adobe Acrobat DCを使いこなすための使い方やTIPSを紹介する。第104回は、Adobe ScanとPowerPointで印鑑を電子印鑑にしてみる。

Acrobat DCの「スタンプ」機能を活用

 最近は、請求書をPDFファイルで送れることが増えてきた。とても助かるのだが、ネックになるのが押印。印刷してハンコを押してスキャンしてPDFにするという作業は非効率すぎて避けたいところ。Acrobat DCなら「スタンプ」機能を利用することで、手軽に電子印鑑を押すことができる。

 ただし、標準機能のスタンプだととても事務的なシンプルなデザインで、印鑑のようには見えない。フリーランスであれば、印鑑を押してくれと言われたら、印鑑に見えるものを押すしかない。そこで、手持ちの印鑑を電子化して、Acrobat DCで押せるようにしてみよう。

 まずは、印鑑を白い紙に押して、Adobe Scanで撮影する。印影部分をPDFにしてDocument Cloudに保存したら、今度はPCのAcrobat DCで開き、画像で保存する。

標準機能の電子印鑑を押したところ。ユーザー名は入るが、シンプルすぎて印鑑には見えない
Adobe Scanで印影を撮影する印影部分をPDFとして保存する
PDFから画像に変換する

 続けて、この画像をPowerPointに読み込む。なぜ、こんな作業をするかというと、白い紙の部分を透明化させるため。取り込んだ画像をそのままスタンプに登録してしまうと、印鑑が透けず、切手を貼ったようになってしまうのだ。

 PowerPointに読み込んだら、「背景の削除」をクリック。画像がピンク色に反転し、印影部分が選択される。もし、抜けがある場合は「保持する領域としてマーク」をクリックした後、選択に追加したい部分をクリックすればいい。選択できたら「変更を保持」をクリックする。後は右クリックメニューから「図として保存」をクリックし、PNG画像として保存すればいい。

PowerPointに画像を取り込む
「背景の削除」をクリックし、抜け部分を保持する領域に追加する
すべて選択できたら、「変更を保持」をクリックする
右クリックメニューから「図として保存」をクリックし、PNG画像で保存する

 Acrobat DCの「ツール」から「スタンプ」を開き、「カスタムスタンプ」の「作成」をクリックする。ダイアログが開いたら、作成した画像を読み込み、分類したり名前を付ければ完了だ。

 画像のサイズが大きい場合は、「ダウンサンプルとしてファイルサイズを縮小」にチェックを入れておけばコンパクトになる。

「ツール」の「スタンプ」で、カスタムスタンプを作成する
「参照」をクリックして印鑑の画像を読み込む
「分類」を選択し、名前を入力する

 PDFファイルを開き、スタンプメニューから登録した電子印鑑を押してみよう。問題なさそうなら、再度スタンプメニューを開き、「現在のスタンプをお気に入りに追加」をクリックする。これで、「スタンプ」を開いたらワンアクションで選択できるようになる。

スタンプメニューから登録した項目を開くと、印影が表示される
印影を選択すると押印できる
「現在のスタンプをお気に入りに追加」をクリック
スタンプメニューからダイレクトに押印できるようになる

 電子印鑑のサイズは貼り付けたあとにドラッグして調整できる。しかし、毎回毎回調整するのは手間がかかるので、あらかじめ登録画像を小さくしておくといい。

 標準アプリの「ペイント3D」で印鑑の画像を読み込み、まずはトリミングする。右ペインのフレーミングで「1:1」を選び、ぎりぎりにトリミングしたら、「キャンパス」メニューからサイズを変更しよう。保存した画像を、Acrobat DCのスタンプに登録すれば完了だ。

ペイント3Dアプリで読み込み、「トリミング」画面でコンパクトにする
「キャンパス」の設定画面でサイズを変更すればいい

■関連サイト

カテゴリートップへ

この連載の記事

目からウロコのPDF使いこなし術【アクロバット連載100回記念放送】