このページの本文へ

前へ 1 2 3 次へ

T教授の「戦略的衝動買い」第553回

照明の遠隔操作用“指ロボット”を「SwitchBot」に買い換え

2019年10月24日 12時00分更新

文● T教授、撮影●T教授、編集●ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
「SwitchBot」はクラウドファンディングに登場したころから注目しているアイテムだ。そして過去のレガシーな日常アイテムをIoT化できる可能性の高い“指ロボット”の一種だ。ハードウェア構造はさまざまだが、基本的にはスマホの画面から操作するローカルIoT系とオプションの「HUB」と呼ばれる中継器によってWi-Fiと連携させ、遠隔地からのスマホ操作も実現してくれるタイプもある 「SwitchBot」はクラウドファンディングに登場したころから注目しているアイテムだ。そして過去のレガシーな日常アイテムをIoT化できる可能性の高い“指ロボット”の一種だ。ハードウェア構造はさまざまだが、基本的にはスマホの画面から操作するローカルIoT系とオプションの「HUB」と呼ばれる中継器によってWi-Fiと連携させ、遠隔地からのスマホ操作も実現してくれるタイプもある

照明の遠隔操作用指ロボット「MicroBot Push 2」
が故障し、代わりに「SwitchBot」を衝動買い

 筆者は「なんちゃってIoT」系のガジェットが大好きだ。基本的にガジェットが発売されると速攻で衝動買いしている。この連載でも、クラウドファンディングでスタートした“指ロボット ”の「MicroBot Push 2」を利用して、生産終了したAmazon Dashボタンを押させてみたりして“無駄を楽しむガジェット”としてご紹介したことがある。

以前、この連載でも紹介して1年ほど愛用していた「MicroBot Push 2」 電灯をオン・オフするだけではおもしろくないので、当時流行していたAmazonダッシュの柿の種バージョンでワンプッシュ注文もしてみた
以前、この連載でも紹介して1年ほど愛用していた「MicroBot Push 2」電灯をオン・オフするだけではおもしろくないので、当時流行していたAmazonダッシュの柿の種バージョンでワンプッシュ注文もしてみた

 その後、つい先日までMicroBot Push 2は本来の推奨機能のひとつでもある、天井灯の壁面スイッチのオン・オフ用超シンプル&単機能指ロボットとして利用していた。ところが、スマホアプリのバージョンアップか何かの拍子で、まったく動作しなくなってしまった。ベッドに入ってから天井灯を消すという大したことのない操作でも、習慣となってしまうと無いと極めて不自由で不便な感覚を覚えてしまうから不思議だ。

柿の種プッシャーを引退してからは、筆者の寝室の天井灯のオン・オフという地味な仕事をしていたが、スマホアプリのバージョンアップを機に動作しなくなってしまった 柿の種プッシャーを引退してからは、筆者の寝室の天井灯のオン・オフという地味な仕事をしていたが、スマホアプリのバージョンアップを機に動作しなくなってしまった

 再度、同じMicroBot Push 2を購入しても良かったのだが、そこはまだまだ未開拓のIoT分野。怖いもの見たさでよく似た機能を提供してくれる「SwitchBot」という同様の“指ロボット”を衝動買いした。

新たに筆者宅に到着した「SwitchBot」。以前のMicroBot Push 2の代替選手だ 新たに筆者宅に到着した「SwitchBot」。以前のMicroBot Push 2の代替選手だ

 SwitchBotもMicroBot Push 2と同様、基本はスマホと指ロボットをBluetooth接続し、専用アプリをスマホに導入、スマホからBluetooth無線の届く範囲で操作し利便性を実現するモノだ。

スマホと連携するIoT系機器のお決まりだが、まずはスマホアプリのダウンロードとインストール、続いてアカウント登録、そして各種設定を行なう スマホと連携するIoT系機器のお決まりだが、まずはスマホアプリのダウンロードとインストール、続いてアカウント登録、そして各種設定を行なう

 実際のところ、このような機能の必要性や需要市場がいったいどの程度あるのかに関しては筆者にはあまりピンとこないが、よりコントロールエリアを拡大し、出先や旅行先から指ロボットを操作したいユーザー向けには、宅内に設置したWi-Fiルーターへのブリッジ機能を実現するための専用のHUB(通常は別売)も用意されている。

 既成のレガシーな壁面電灯スイッチやコーヒーメーカーなどのボタンを操作するなら指ロボットが最適かもしれないが、単に壁面ACコンセント部分の電源オン・オフを操作するだけなら、すでにプラネックスコミュニケーションズの「スマソケ」やTP-Linkの「ミニ スマートWi-Fiプラグ」など、Wi-Fi連携できる遠隔操作も可能な製品があり、筆者も複数愛用している。

SwitchBotもオプションのHUBを追加購入すると、Bluetoothの距離制限を受けることなく遠隔地からリモート操作が可能だが、筆者宅ではWi-Fi接続で遠隔からコンセントに繋がってる機器のオン・オフや電力量の計測や再起動も可能なプラネックスコミュニケーションズの「スマソケ」も併用しているので、SwitchBotはあくまで筆者の寝室内での使用だ SwitchBotもオプションのHUBを追加購入すると、Bluetoothの距離制限を受けることなく遠隔地からリモート操作が可能だが、筆者宅ではWi-Fi接続で遠隔からコンセントに繋がってる機器のオン・オフや電力量の計測や再起動も可能なプラネックスコミュニケーションズの「スマソケ」も併用しているので、SwitchBotはあくまで筆者の寝室内での使用だ
電源を遠隔でオン・オフできる手軽な「ミニスマートWi-Fiプラグ」もなかなか便利だ。自宅用に3台も衝動買いした 電源を遠隔でオン・オフできる手軽な「ミニスマートWi-Fiプラグ」もなかなか便利だ。自宅用に3台も衝動買いした

前へ 1 2 3 次へ

この連載の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン