このページの本文へ

前へ 1 2 3 4 5 次へ

T教授の「戦略的衝動買い」 第573回

我が家の天井灯は"指ロボット"から「スマートLEDシーリングライト」に成長中

2020年03月19日 12時00分更新

文● T教授、撮影●T教授、編集●ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

本来のガジェット好きが高じてしばらく「指ロボット(SwitchBot)」を使って寝室のシーリングライトのオン/オフを実用性30%で楽しんでいた。しかし、どうも我が家の愛犬ボビーはSwitchBotの「起動ギア音」が大嫌いらしく、毎晩、寝室のシーリングをライトを消灯する度に大騒ぎ。ちょうど暗くなってきた蛍光灯を交換するタイミングでもあり、今回はなんちゃってIoTの指ロボットを卒業して、+StyleのスマートLEDシーリングライトを導入してみた

 「インターネット家電」と聞くと、登場当初から掛け声だけは大きかった「ホームIoT」製品のハードウェアのイメージが強い。5Gの実力の全貌が見えてくるまで、今しばらくは、家庭内のWi-Fiネットワークが前提となる商品が多く、遠隔からの操作には宅内Wi-Fiルーターや専用のハブ装置を利用することが多いようだ。

通称「指ロボット」はバッテリー内蔵の小さなボックスから小さな指が出てきて……レガシースタイルの壁面電源オン/オフスイッチを人間の指のように操作してくれる。ごく普通に家庭内にあるスイッチにも適合させることができることがなかなか便利だ

 ミーハー度では誰にも負けない筆者も、早くから「便利」は無視して「できる」IoTでいろいろ遊んできた。そんな製品の一つが、通称「指ロボット」と呼ばれる、既存の家電品のスイッチやボタン、壁面のシーソー型電灯スイッチを人の指に代わって押してくれる製品だ。

残念だが、Bluetoothでペアリングした指ロボットをスマホアプリからオン/オフするためだけに専用アプリを導入しないといけない

 すでに何世代かのモデルを買い替えて、先日までは、「SwitchBot」を寝室のシーリングライトのオン/オフ用に使っていた。SwitchBotもその他の指ロボット同様、多くは、スマホと指ロボットをBluetooth接続し専用アプリを導入したスマホアプリからリモコン操作するのが一般的だ。

 そのため、Bluetoothの届く距離が最長距離となり、運が悪いと普通の赤外線リモコンと変わらず同じ部屋の中だけでしか使えないケースもある。もちろん遠隔地からインターネットを介して指ロボットを操作することも可能だが、そのためには専用のハブ装置などが必要なことが多い。

 指ロボットを使えば、シーリングライトを点けたままベッドでウトウトしても、手元にスマホさえあればいつでも、電灯スイッチのところまで起き上って行く必要もなく、寝床の中でオン/オフできるので便利な時もある。

 少し不便だと思えるところは、スマホでリモコンを使う場合も、SwitchBotだけのために専用アプリを導入しておかなくてはいけないこと。そしてあくまでスマホリモコン使用が前提であるために、スマートスピーカーとの連携設定が後付けで少し面倒なことだ。あと、我が家だけの特殊事情だが、我が家のワンコのボビーがこのSwitchBotのギア動作音を極めて嫌がることだった。

今回、寝室に導入した「スマートLEDシーリングライト」は外観上はごく普通の天井灯だ

 そんなことを考えていた時に+Styleの「Smart LED Dimmable Celing Light」(以降、スマートLEDシーリングライト)を知り、少し暗くなりかけていた蛍光灯の交換時期でもあったので、思い切ってこの新しいLED光源のスマートLEDシーリングライトに交換してみた。

前へ 1 2 3 4 5 次へ

カテゴリートップへ

この連載の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン