このページの本文へ

前へ 1 2 3 次へ

組みたい自作PC構成まるわかり!!第45回

【今月の自作PCレシピ】流行のコラボパーツで組むゲーミングPC

2019年10月19日 12時00分更新

文● 藤田 忠 編集●北村/ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 動画や音楽の視聴、ゲーミングといった用途やコスト、筐体サイズを重視するなど、自分好みに組み立てられるPC自作。ただ、その自由度の高さに比例して、パーツ選定にはある程度の知識や時間が必要になる。

※写真はイメージです。実際に使用するパーツとは異なります

 そんなパーツ選定に悩まずに済むよう、秋葉原の主要パーツショップ店員に聞いたオススメパーツ構成を紹介。コスト重視の激安から、最新ゲームをヌルヌル表示でプレイできるゲーミング構成まで、さまざまなPC構成を毎月お届けしよう。

 秋葉原や通販で、“○○○を快適に楽しめるPC自作パーツをサクッと買いたい!!”、“どんな構成が良いのか見当がつかない”といった人は注目してもらいたい。

自作の醍醐味! 増加中のコラボパーツで組む

 抜群のコストパフォーマンスで人気になっているAMD Ryzenや、安定、鉄板のインテル Core iシリーズに、各種パーツのLEDイルミネーションや、PCケースのデザイン、カラーリングなどなど、自由に組み合わせられるPC自作。

 近頃はマザーボード各社のゲーミングブランドなどとコラボレーションしたPCケースや冷却パーツも続々と登場しており、好みのメーカーのロゴやデザイン、カラーで統一したPC自作も容易になっている。

 そんなメーカー統一のゲーミングPC構成を、ドスパラ秋葉原本店のフロアマネージャー DIYパーツフロア主任の浅野さんが、提案してくれた。

ドスパラ秋葉原本店。1階では数多くのBTO PCを展示しており、PCパーツは2階で取り扱っている
NVIDIA GeForce RTX 20シリーズを購入して試してみるなど、PC自作大好きなDIYパーツフロア主任の浅野さん

キモはPhantom Gamingコラボパーツ!

AMD&ASRockで統一した浅野さん提案のゲーミングPC。Windows 10 Home込みで約21万5000円だ
AMD&ASRockで統一したゲーミングPC構成
CPU AMD「Ryzen 7 3800X」
(8コア/16スレッド、3.9GHz~4.5GHz)
5万1678円
CPUクーラー Cooler Master「ML240R RGB Phantom Gaming(MLX-D24M-A20PC-RP)」
(240mmラジエーター、簡易水冷)
1万3220円
マザーボード ASRock「X570 Phantom Gaming 4」
(Socket AM4、X570、ATX)
1万8512円
メモリー G.Skill「Trident Z RGB DDR4-3200 8GB×2(F4-3200C16D-16GTZRX)」
(DDR4-3200、8GB×2枚)
1万2680円
SSD Corsair「MP600 1TB(CSSD-F1000GBMP600)」
(1TB、PCIe4.0 NVMe)
2万7820円
ビデオカード ASRock「Radeon RX 5700 XT Challenger D 8G OC」
(Radeon RX 5700XT、GDDR6 8GB)
5万1480円
PCケース Cooler Master「MasterBox K500 Phantom Gaming Edition(MCB-K500D-KGNN-ASR)」
(ミドルタワー型、E-ATX)
1万1183円
電源ユニット ENERMAX「ERX750AWT-DP」
(80PLUS GOLD 750W)
1万745円
OS Microsoft「Windows 10 Home パッケージ版」 1万7016円
総額(税込)   21万4334円

※価格は10月11日調べ。店頭価格ならびに在庫を保証するものではありません。

 メインコンセプトのメーカーコラボパーツは、優れたコスパやデザインで常に自作派の注目を集めているASRockを選択。同社ゲーミングブランドのPhantom Gamingとコラボしたケースや、オールインワン水冷ユニットを組み合わせて、ブランドを押し出したPCに仕上げている。

 数多くのPC相談に対応している浅野さん。見た目だけでなく、パフォーマンスとコストのバランスにも配慮している。CPUに第3世代Ryzen 7を選んでいるのは、インテルの人気CPU「Core i7-9900K」とほぼ互角のパフォーマンスを発揮しつつ、1万円程度安価だからだ。

 さらに、NVIDIAのGeForce RTX 2070 SUPER、RTX 2070よりも安価で高性能なAMD Radeon RX 5700XTに、次世代のPCI Express 4.0に対応し、組みやすさと使い勝手を考慮した1TB M.2 SSDをチョイス。

 PC初心者をはじめ、この機会にPCを刷新する人が、PCゲームや動画編集を快適に行なえるスペックを備えている。

 また、ベストなタイミングで「AMD 50周年記念 第2弾 最大4つのゲームがもらえるキャンペーン」がスタート。AMDで統一した浅野さん提案のPC構成では、「Tom Clancy’s Ghost Bacon : Breakpoint」、「Borderlands 3」、「The Outer Worlds」、「Gears 5」の4本すべてをもらうことが可能だ。

AMDおなじみのゲームがもらえるキャンペーン。人気のタイトルがそろっているので注目だ

 そのうえ、ドスパラは店頭、通販ともにキャッシュレス・ポイント還元事業の加盟店で、対応するキャッシュレス決済で支払うと5%の還元を受けられる。両方を加味すると、かなりお得になる。

店頭でキャッシュレス・ポイント還元を受けられる決済方法は、クレジットカードのほか、PayPay、nanacoなどが対応している

前へ 1 2 3 次へ

この特集の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事
ピックアップ

ASCII.jpメール アキバマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中