このページの本文へ

前へ 1 2 3 4 次へ

松村太郎の「アップル時評」ニュース解説・戦略分析 第57回

iPhone販売の拠点に:

アップル攻めの出店 日本で役割大きく

2019年08月28日 09時00分更新

文● 松村太郎 @taromatsumura

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

●日本のApple Store

 依然として日本でのiPhoneはスマートフォン販売の中心的な存在を維持していると言えます。販売施策が浸透するには、丸の内を含め9店舗という店舗数は少なく感じます。

 出店を急ぐとともに、前述のような既存のユーザーベースに対する「より充実した体験の紹介」という役割を地域ごとに面で広げて行く施策に取り組んで行くことになります。

 携帯電話会社が各ショップにおける通信サービスと組み合わせた積極的な端末値引きが封じられつつあることを考えると、アップル直営店の役割は今後日本でより大きくなっていきます。


筆者紹介――松村太郎

 1980年生まれ。ジャーナリスト・著者。慶應義塾大学SFC研究所上席所員(訪問)。またビジネス・ブレークスルー大学で教鞭を執る。米国カリフォルニア州バークレーに拠点を移し、モバイル・ソーシャルのテクノロジーとライフスタイルについて取材活動をする傍ら、キャスタリア株式会社で、「ソーシャルラーニング」のプラットフォーム開発を行なっている。

公式ブログ TAROSITE.NET
Twitterアカウント @taromatsumura

前へ 1 2 3 4 次へ

カテゴリートップへ

この連載の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン