このページの本文へ

IoT H/W BIZ DAY 2019 by ASCII STARTUP第24回

SFっぽさがすごい!映像が宙に浮くディスプレーに触ってみた

2019年08月26日 16時40分更新

文● ASCII STARTUP

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
写真ではうまく表現できないが、実物は浮いているように見える

映像が宙に浮いているように見えるディスプレー

 ASCII STARTUPが8月26日、IoT/ハードウェアビジネスの体験展示・カンファレンスイベント「IoT H/W BIZ DAY 2019 by ASCII STARTUP」を、御茶ノ水ソラシティカンファレンスセンターにて開催した。

 出展企業の中から、アスカネットのブースをレポート。アスカネットは、デジタル写真加工サービスやフォトブック作成サービス、光学表示用デバイスの製造販売をしている。

 同社のブースに展示されていたのは「ASKA3Dプレート」と呼ばれる光学デバイスだ。特殊な構造をしたガラスプレートで、画像や物体の放つ光線を、プレートを挟んで反対側の同じ距離の位置に結像するというもの。

写真で浮いている様子を表現するのは困難。実際には、手前に浮かび上がっているように見える。実物を見てほしいデバイスだ

 モーションセンサーなど、手が近づいたことを認識できるハードウェアと組み合わせれば、浮いている(ようにしか見えない)像にタッチして、端末を操作するといった使い方もできる。

 実際に触らせてもらったが、ある範囲から見れば、まさにSF映画に出てくる空中ディスプレーのよう。何より、この現象を光学的に実現していて、電気を使っていない点も、応用範囲の広さをうかがわせる。

 現在同社では、ASKA3Dプレートを使って、アイディアを商品化したいプロジェクトパートナーを募集しているそう。活かせそうなアイディアを持っているき企業や個人は、ぜひ同社の公式サイトをチェックしてほしい。

カテゴリートップへ


この連載の記事
注目の特集
ライトニングトーク
最新記事
  • アスキー・メディアワークス
  • 角川アスキー総合研究所
  • アスキーカード
  • アスキーの本と雑誌
  • 電撃オンライン - 電撃の総合ゲーム情報&雑誌情報サイト!
  • 電撃ホビーWEB - 電撃のホビー雑誌・書籍&ホビーニュースサイト
  • 電撃文庫 - 電撃文庫&電撃文庫MAGAZINEの公式サイト
  • 電撃屋.com - 電撃のアイテムを集めた公式ショッピングサイト!

STARTUP×知財戦略バナー

IoTイベント(300x100)

ASCII STARTUPウィークリー・レビュー登録フォーム

アスキーストア(300x100)

スタートアップお勧め動画

ピックアップ