このページの本文へ

篠原修司のアップルうわさ情報局第301回

今度は台湾メディアから:

新型iPhoneから3D touch廃止のうわさ再び

2019年07月12日 09時30分更新

文● 篠原修司

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 2019年5月にバークレイズ証券がすべての新型iPhoneから3D touchが廃止されるとの予測を発表したが、同様のうわさを今度は台湾メディアDigitimesが7月9日に報じた。

 同紙は匿名の情報筋からの話として、アップルは2019年のiPhoneすべてから3D Touch用のタッチモジュールを削除する可能性があると伝えている。

 なお、3D touch廃止後も機能そのものはHaptic Touchから利用できるため、一般的な利用方法ではとくに問題ないと思われる。

 おそらく困るのは3D touchの強押しに銃を撃つ操作を割り当てているFPS・TPSゲームアプリだ。これらのゲームで3D touch操作を利用しているユーザーは、いまのうちにボタン操作に慣れておいた方が良いかもしれない。


筆者紹介:篠原修司

1983年生まれ。福岡県在住のフリーライター。IT、スマホ、ゲーム、ネットの話題やデマの検証を専門に記事を書いています。
Twitter:@digimaga
ブログ:デジタルマガジン

カテゴリートップへ

この連載の記事
Apple Store オススメ製品

ASCII.jp RSS2.0 配信中