このページの本文へ

篠原修司のアップルうわさ情報局第312回

9to5macが仕様発表:

iPhone 11はLightningポートのまま?

2019年08月01日 10時30分更新

文● 篠原修司

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 アップルが今年発売するとうわさの3種類のiPhone 11の仕様を、米メディア9to5macが7月23日に報じた。

 同紙は実物を見たことがある関係者からの話として、3種類のiPhone 11はいずれもLightningポートのままだったと伝えている。

 3種類のiPhone 11は昨年のモデルと同じ解像度であり、3D Touchの代わりに新しいTaptic Engineを搭載しているそうだ。

 ほか、背面カメラはうわさどおりのトリプルレンズだが、前面カメラは12メガピクセルに進化し、120fpsでのスローモーション撮影をサポートしているとのこと。

 聞くかぎりでは機能面ではあまり目立った進化はないように思える。あとは話題のトリプルレンズカメラが写真にどのような効果をもたらしてくれるのかに期待したい。


筆者紹介:篠原修司

1983年生まれ。福岡県在住のフリーライター。IT、スマホ、ゲーム、ネットの話題やデマの検証を専門に記事を書いています。
Twitter:@digimaga
ブログ:デジタルマガジン

カテゴリートップへ

この連載の記事
Apple Store オススメ製品

ASCII.jp RSS2.0 配信中