このページの本文へ

篠原修司のアップルうわさ情報局第313回

リフレッシュレートを切り替え可能:

2020年iPhone、最大120fpsに対応か

2019年08月01日 12時30分更新

文● 篠原修司

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 アップルは2020年に発売するiPhoneから、最大120Hzのリフレッシュレートをサポートする。プロセッサ関連のリークでおなじみのi冰宇宙氏がTwitterで7月21日に発表した。

 同氏によると、アップルは60Hzと120Hzでリフレッシュレートを切り替え可能なスクリーンについてサムスンやLGと話し合っているという。

 リフレッシュレートが120Hzに対応すれば、iPhoneの性能次第では120fpsのなめらかな描写でゲームをプレイできるようになるかもしれない。

 アップルはすでにiPad Proで可変リフレッシュレートテクノロジーを採用している。これがiPhoneにも採用されれば、様々なアプリで満足度が上がりそうだ。


筆者紹介:篠原修司

1983年生まれ。福岡県在住のフリーライター。IT、スマホ、ゲーム、ネットの話題やデマの検証を専門に記事を書いています。
Twitter:@digimaga
ブログ:デジタルマガジン

カテゴリートップへ

この連載の記事
Apple Store オススメ製品

ASCII.jp RSS2.0 配信中