このページの本文へ

前へ 1 2 次へ

肉食系グルメアーティストkazukazuの肉と米と絶妙マリアージュ!第15回

超厚切りステーキ! 話題のウルグアイ産牛をブロンコビリーで堪能してきた

2019年07月08日 17時00分更新

文● kazukazu 撮影●kazukazu 編集●ASCII.jp編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 こんミンチは!肉食系グルメアーティストのkazukazuです。 白米片手にがっつりとお肉メニューを紹介する「肉食系グルメアーティストkazukazuの肉と米と絶妙マリアージュ!」。

 連載15回目は、東海地方を中心に関東地方や関西地方にも展開する1978年創業のステーキレストランチェーン「ブロンコビリー」さんに肉撃です。

こだわり炭焼きハンバーグとステーキが魅力
「ブロンコビリー」に肉撃!

東海地方を中心に関東地方や関西地方にも展開するレストラン「ブロンコビリー」。

 “おいしい料理・気持ちよいサービス・快適な空間をお客様に楽しんでいただくこと”を企業理念に、備長炭使用のこだわり炭焼きハンバーグ&ステーキ、旬の素材を駆使した食べ放題のサラダバー、大かまどで炊き上げた魚沼産コシヒカリを楽しむことができるこだわりのステーキハウスレストランとして知られています。

入口ではショーケースのお肉がお出迎え。

 入店してみると、入口近くにあるショーケースの中にはどーんと並ぶお肉がお出迎え! こちらは後に説明しますが、19年ぶりに日本に上陸したウルグアイ産ビーフのサーロイン。さっそく期待が高まります!

オープンキッチンで焼き上げの様子も見られます。食欲がそそられる!

 同店はオープンキッチンなので実際にステーキやハンバーグを「備長炭を使用した炭火」で焼き上げている様子も拝見できちゃいます。

 おぉー! 入って早々からテンション上がるー!

大かまどで白米を炊き上げています。楽しみ!

 焼き場の近くには、同店の自慢のひとつである「大かまど炊きの魚沼コシヒカリ」のかまどが。白米好きにとってかまど炊きのコシヒカリも楽しみです!

19年ぶりに解禁した「ウルグアイ産ビーフ」がお目当て

 今回のお目当ては、19年ぶりに日本で輸入解禁となった「ウルグアイ産ビーフ」!

 南米、ウルグアイは牛の放牧飼養が盛んな牛肉大陸です。日本では2000年からウルグアイ産ビーフの輸入を停止していましたが、今年2月に輸入解禁となり注目を集めています。ブロンコビリーは、輸入復活したばかりのウルグアイ産ビーフをレストランチェーンとしてはいち早く導入しました。

 19年間食べられなかったウルグアイ産ビーフはいったいどんな味なのでしょうか? というわけで席に着くなり早速メニューを確認してみると、ありました! ありました!

 「ウルグアイ産超厚・熟成サーロイン」の文字が!

 というわけで早速注文!

 ちなみに、ウルグアイ産ビーフは、自然に近い環境で放牧されながら育てられているので、適度に運動しながらも栄養価の高い牧草を食べることで程よく引き締まった肉質で赤身が多く、高タンパクで低カロリーなのが特徴です。ウルグアイ自体、日本の反対側に位置するので大西洋を渡って日本まで約60日かけて届きます。その間にじっくりと時間をかけて熟成されるので旨味もぎっしりな状態になるとか!

 いやはや、この前情報だけでよだれがあふれ出てきます。

ステーキが来るまでサラダバーを堪能♡

 注文の品が出てくるまで、セットの「新鮮サラダバー」をいただいてみました。

「新鮮サラダバー」は、20種類近くものメニューが食べ放題。

 同店のサラダバーは、旬の野菜をたっぷりとつかった季節限定サラダや各店舗で調理する惣菜、果物、オリジナルデザートなど20種類近くものメニューが食べ放題!

 これからたっぷりの肉を喰らうためにはひとまず野菜摂取で胃袋の準備をしておきます。

まずは軽~く。これからが本番です。(編注:多い気がしますが、kazukazu氏にとっては前菜のようです)

 2回ほどおかわりし、3回目に行こうかとしたところでやってきました!

ステーキ&ハンバーグの超満足の組み合わせで登場

 どどーん!

 「ビーフ100%極み炭焼きブロンコハンバーグ&ウルグアイ産炭焼き超厚切り熟成サーロインステーキコンビ」(ブロンコセット付き 税抜2480円)の登場です。

こちらが19年ぶりに輸入解禁となったウルグアイ産ビーフのステーキ。おいしそう~!

 ハンバーグ190g&ステーキ150g総重量340gのセット。ウルグアイ産ビーフのステーキに、せっかくなので同店名物のハンバーグもセットで付けましたよ。

店員さんが目の前でハンバーグの仕上げ。

 店員さんが専用のでかいナイフ&フォークを使ってハンバーグを目の前で最終仕上げを行ってくれます。

 さくっ!さくっ!さくっ!

ハンバーグを真ん中で切って……。

 パカッ! ごろぉん!

 断面を鉄板に押し付けて、ジュー!

 仕上げにソースをかけて、万事オーケー。

「極み炭焼きハンバーグ&ウルグアイ産サーロインステーキコンビ」が完成。

 こちらが完成形です。

ひとりでいただきますよ!

 どうでしょう。なお一人でいただきます。安定の“お一人様訪問”とは言え、テーブルの上にこれだけ並べばテンション上がります。寂しくないんだから!

前へ 1 2 次へ

カテゴリートップへ

この連載の記事
ピックアップ
もぐもぐ動画配信中!