このページの本文へ

Xperia XZ3ロングランレポート第22回

音楽を聴くためにXperia XZ3を車内にセットしたら思いのほか便利

2019年06月28日 10時00分更新

文● 中山 智 編集● ASCII編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 「Xperia XZ3(ソフトバンク版)」でYouTube Musicを聞いているというレポートは、以前にもお伝えしました。徒歩での移動中はBluetoothのイヤホンを使って聴いていますが、かなり気に入っているので、クルマでの移動中もYouTube Musicを聴きたいと思うようになりました。

 そこで購入したのがFMトランスミッター。スマートフォンの音声をFMの電波で送信して、カーステレオのFMラジオで聴くというもの。アイテムとしては何十年もまえからあるものですが、最近はBluetoothでスマートフォンと連携できるので、ワイヤレスなのが◎。購入したのはAnkerの「Anker Roav FM Transmitter F2」。直販価格で2999円です。

シガーソケットに挿して使用する「Anker Roav FM Transmitter F2」

 使い方はクルマのシガーソケットに装着してエンジンをかけると、自動でオンに。最初だけXperia XZ3とBluetoothのペアリングが必要ですが、以降は不要。FMの電波は標準では90.0に設定されているので、カーステレオのFMラジオでその周波数に合わせます。

シガーソケットにセット
FMラジオの周波数を合わせる

 あとはXperia XZ3でYouTube Musicアプリを起動し再生させるだけ。問題なくカーステレオからYouTube Musicの音声が流れてきました。最近のFMトランスミッターはかなり音が良いですね。それこそ10年以上前に使っていたときは、ちょっとしたことでノイズを拾ったり音もあまりよくありませんでしたが、これは十分常用で使える音質です。

カーステレオでYouTube Musicを再生

 さらに便利だなと感じたのが、Googleアシスタントを使ってアーティストや曲名を指定して再生できること。「OK Google ドライブに最適な音楽を流して」など話しかければ、画面を操作しなくても自動でコントロールできます。もちろん曲送りやボリュームコントロールも可能です。

Googleアシスタントがクルマでも有効に

 YouTube Musicを聴きたいためにセットした環境ですが、車内Googleアシスタントも結構あり。もちろん運転中のスマートフォン操作は厳禁ですので、試してみる場合は十分ご注意くださいませ。

※Xperia XZ3(ソフトバンク版)/Android 9で検証しました。

カテゴリートップへ

この特集の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン