このページの本文へ

ネクスティ エレクトロニクスのグループ会社 豊田通商先端電子(大連)とC&S Group GmbH が日系グループ企業として初めて中国CATARCグループと合弁会社を設立

株式会社ネクスティ エレクトロニクス
2019年06月26日

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

ネクスティ エレクトロニクスのグループ会社 豊田通商先端電子(大連)とC&S Group GmbH が日系グループ企業として初めて中国CATARCグループと合弁会社を設立

株式会社ネクスティ エレクトロニクス






豊田通商グループのエレクトロニクス商社である株式会社ネクスティ エレクトロニクス(本社:東京都港区、代表取締役社長:青木 厚、以下「ネクスティ エレクトロニクス」)のグループ会社2社と、中国における自動車の国家基準(GB,GB-T※1)を唯一策定できる中国汽車技術研究中心有限公司(本社:中国天津市、董事長・総経理:于 凯、以下「CATARC」)のグループ会社が以下の通り、車載Ethernetテストサービスの提供を目的とした合弁会社を中国常州市に設立しました。


合弁会社名

中国名:中汽研瑷睿赛安斯(常州)智能科技有限公司
英語名:CATARC AERI C&S (Changzhou) Intelligence Technology Co., Ltd.


出資構成・比率

1.CATARCのグループ会社(出資比率:50%)
  会社名:中汽研(常州)汽車工程研究院有限公司(以下「CATARC AERI常州」)
  本社、代表者:中国常州市、院長:高 継東

2.ネクスティ エレクトロニクスのグループ会社(出資比率 合計50%)
1)会社名:豊田通商先端電子(大連)有限公司(出資比率 25%、以下「ネクスティ大連」)
  本社、代表者:中国大連市、董事長:伊藤 秀哉
2)会社名:C&S Group GmbH(出資比率 25%、以下「C&S」)
  本社、代表者:ドイツ、Wolfenbuttel、President:David Bollati、Frank Fischer


背景

現在、自動車業界のトレンドであるCASEといわれる、Connected(つながる)Autonomous(自動運転)
Shared(共有)Electric(電動化)の領域における技術進化は著しく、新しい技術への迅速な対応がかつてないほど求められています。その中で次世代の車載通信分野においては、通信データの高速化・大容量化に対応可能な車載Ethernet※2の活用が期待されています。特に車載市場の成長が著しい中国においては、車載Ethernetの標準化及び規格適合テスト、認証スキームの構築が急務となっています。


合弁会社設立の目的

CATARCは、中国における自動車の国家基準(GB,GB-T)を策定出来る唯一の機関であり、認証及び製品研究、開発、設計、検証も行うことができます。そして、そのグループ会社であるCATARC AERI常州は、豊富なテスト設備とエンジニアを有しています。

ネクスティ エレクトロニクスは、先進安全・自動運転など、市場が拡大しているカーエレクトロニクス分野ではトップクラスの規模でビジネスを展開しています。そのグループ会社であるネクスティ大連は、日系を中心としたOEM・Tier1に対する車載ソフトウェア開発/評価の豊富な実績を有しています。

C&Sはネクスティ大連同様、ネクスティ エレクトロニクスのグループ会社であり、欧州における車載通信の規格適合テスト機関として、欧州を中心としたOEM・Tier1の車載通信テストやコンサルティングを行っており、豊富な車載通信及び適合テストのノウハウを有しています。

本合弁会社は、中国国内のOEM・Tier1に対して車載Ethernetテストサービスを提供し、CATARCグループと共に、車載Ethernetの規格策定から規格適合テスト、認証までのスキームを構築していくことにより、中国における車載Ethernetの普及、次世代モビリティーの加速・促進に貢献していきます。

(写真左)中国汽車技術研究中心汽車工程研究院 副院長 戎 辉
(写真中) C&S Group GmbH President David Bollati
(写真右)東アジア総代表、豊田通商(中国)有限公司 総経理 近藤 隆弘

※1 GB,GB-T:中華人民共和国標準化法で定められた技術基準。強制的標準はGB、推奨的標準がGB-T。
※2 車載Ethernet:Ethernetは企業内ネットワークなどのLAN規格であり、それを車載向けに対応させたもの。高速化・大容量化で期待されています。


豊田通商先端電子(大連)有限公司について

豊田通商先端電子(大連)有限公司は、拡大する車載ソフトウェア市場において、高品質なソフトウェア開発を提供しています。また、ソフトウェア評価も受託しており、主にe-Cockpit 領域(カーナビゲーション、メーター)の実機を使ったテストサービスを行っています。
詳細につきましては、http://www.dl.cn.nexty-ele.com/をご覧ください


C&S Group GmbHについて

C&S Group GmbHはEthernet、CANを始めとする車載通信において、豊富なノウハウを保有しており、主に欧州のOEM・Tier1に対し、規格適合テストやコンサルティングサービスを提供しています。
詳細につきましては、https://www.cs-group.de/をご覧ください


中汽研(常州)汽車工程研究院有限公司について

中汽研(常州)汽車工程研究院有限公司は中国唯一の自動車における国家基準の策定機関であるCATARCグループのエンジニアリング会社と位置付けられており、エンジニアリングサービスの提供や規格策定・認証の支援を行っています。詳細につきましては、http://www.chinaaeri.com/をご覧ください

本件の問い合わせ先
株式会社ネクスティエレクトロニクス
経営企画部広報チーム
Tel:03-5462-9666
E-MAIL:nexty_contact@nexty-ele.com

PRTIMES リリース詳細へ

カテゴリートップへ

注目の特集
ライトニングトーク
最新記事
  • アスキー・メディアワークス
  • 角川アスキー総合研究所
  • アスキーカード
  • アスキーの本と雑誌
  • 電撃オンライン - 電撃の総合ゲーム情報&雑誌情報サイト!
  • 電撃ホビーWEB - 電撃のホビー雑誌・書籍&ホビーニュースサイト
  • 電撃文庫 - 電撃文庫&電撃文庫MAGAZINEの公式サイト
  • 電撃屋.com - 電撃のアイテムを集めた公式ショッピングサイト!

STARTUP×知財戦略バナー

IoTイベント(300x100)

ASCII STARTUPウィークリー・レビュー登録フォーム

アスキーストア(300x100)

スタートアップお勧め動画

ピックアップ