このページの本文へ

最新IoT&ガジェットニュース第40回

キモカワイイ! 6本脚のクモ型プログラムロボ「ヘクサ」

2019年06月13日 16時00分更新

文● 金子麟太郎 編集●ASCII編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 Vincrossは、オープンプラットフォームのプログラミングが可能なロボット「HEXA(ヘクサ)」の先行予約をクラウドファンディングMakuakeで6月6日に開始した。販売予想価格は12万5000円。

 本機はイーロン・マスク氏の火星移住計画にインスピレーションを受けて設計されたロボットで蜘蛛(クモ)のような見た目が特徴的なロボット。

 本体下部に6本の脚を備えており、180度可動する関節をすべての脚に2ヵ所ずつ装着したことで「クモ同然のレスポンスを実現している」と豪語する。頭部は360度回転し、720pのカメラや、距離測定センサーなどを搭載している。また、視覚センサーや空間センサーを使って、周囲を観測できる。

 付属する専用OS「MIND」を用いてプログラミングを学習したり、アプリケーションの開発ができる。開発したアプリケーションはヘクサ専用のスキルストアを通じてシェアしたり、スキルを学習させたりできる。

 インターフェースはUSB2.0や3.5mmのオーディオ入出力端子を備えるほか、8GBのストレージを搭載する。充電にかかる時間は2.5時間で、バッテリーの駆動時間は45分から180分。サイズは幅が約508mmで高さは約120mm。

 Vincrossは、HEXAを通じてロボットアプリケーションをオープンソースにし、ロボット開発を大衆化する狙いがあると説明している。

 なお、耐久性能については明かされていないが、本体を支える6本脚があるので、人が立ち入れない場所での作業などに向いているのかもしれない。

 Makuakeでの早期割引価格は1台につき9万5000円のコースから用意されている。

※本記事は、プロジェクトオーナーのプロジェクトが必ず成功することや、プロジェクトの品質、リターン内容を保証するものではありません。プロジェクト進行中に関するトラブル、返金要求、リターン返品要求はプロジェクトオーナーの責任のもと行なわれます。プロジェクト不成立時には製品が届かなかったり、返金が受けられないなどのリスクがあります。出資は自己責任でお願いします。

■関連サイト

筆者紹介:金子 麟太郎

 14歳の頃から、パソコンやタブレットで作曲する。CD制作にも取り組むうちに、機械にも興味を持ち、2016年(20歳)からITに関連する企業を取材し、記事を執筆する活動を始める。


カテゴリートップへ

この特集の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン