このページの本文へ

最新IoT&ガジェットニュース第39回

Amazon、Alexaに「アレクサ」と呼びかけずに自然な会話が可能な新技術

2019年06月11日 20時30分更新

文● 金子麟太郎 編集●ASCII編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 米Amazonは6月5日(現地時間)、米国ラスベガスで開催した「re:MARS」で、より自然な会話ができるように開発した新機能「Alexa Conversations」を発表した。

 現在のAlexaでは何かを指示する際に冒頭でその都度「アレクサ、〇〇を実行して」と話しかける必要がある。バージョンアップしたAlexaでは、ユーザーとの対話の流れから、ユーザーが目的とする場所や内容を予測し、会話を続けることができるという。

 たとえば、映画鑑賞をしたい場合、映画のチケット購入はもちろんのこと、映画館までのタクシーの予約や、映画館の近くのレストランの検索などを連続した会話形式で行えるので、個別に指示しなくても済むというわけだ。

 技術的に説明すると、これまでのAlexaでは、スキル開発者があらゆる会話をスクリプトし、対話モデルを構築して対話を管理。さらにバックエンドのビジネスロジックを作成し、ログを分析してテストして繰り返す必要があった。新機能Alexa Conversationsでは、この作業をAIを使って自動化することで、開発者がこれまでよりも少ない労力で、自然な会話へと導けるという。

 たしかにその都度「アレクサ」というのは面倒だ。音声アシスタントとの自然な会話ができるようになれば、生活におけるあらゆることを任せられるのかもしれない。「生活の一部」と言ったら大げさに聞こえるが、そんな日がやってくるのかもしれない。

 Alexa Conversationsのプレビュー版は既に公開されており、自分のAlexaスキルに自然な会話をさせたい開発者は専用ページから申し込む必要がある。

■関連サイト

筆者紹介:金子 麟太郎

 14歳の頃から、パソコンやタブレットで作曲する。CD制作にも取り組むうちに、機械にも興味を持ち、2016年(20歳)からITに関連する企業を取材し、記事を執筆する活動を始める。


カテゴリートップへ

この特集の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン