COMPUTEX TAIPEI 2019レポート

ASRockがX570マザー10製品をCOMPUTEXで一斉展示

文●山県 編集●北村/ASCII編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 COMPUTEX TAIPEI 2019で、ASRockは計10モデルのAMD X570チップセット搭載マザーボードを発表。ブースではそのすべてが展示されていたので、まとめてチェックしよう。

10モデルのAMD X570チップセット搭載マザーボードを発表したASRock。来場者も多く人気ブースのひとつだ

 ASRock製AMD X570搭載マザーボードは、発熱の向上にともないほぼすべてのモデルでチップクーラーを採用。電源周りは、上位モデルでは14フェーズ仕様。最大12コアの第3世代Ryzenシリーズをしっかりとサポートする。

 PCI Express 4.0対応になったx16形状の拡張スロットは、基板への固定が従来の4点から6点に増強した「Steel Slot Gen4」を採用。重量級ビデオカードを搭載しても安心な堅牢性を確保している。そのほか、上位モデルでThunderbolt 3ポートやコネクターを実装するのも特徴のひとつだ。

世界で999枚の限定販売とされる、フル水冷仕様の「X570 AQUA」

ご覧の通りDIY水冷用ブロックが搭載済み。新型Ryzenは水冷で使うというエンスーな自作派は要チェック

看板モデル「X570 Taichi」

14フェーズ電源やThunderbolt 3を採用するハイエンド仕様。基板はブラック基調で落ち着いたデザインになっていた

ゲーミングシリーズ最上位の「X570 Phantom Gaming X」は、2.5ギガビットLANを搭載。基板の半分を覆うアーマーは冷却効果を狙ったものだ

ゲーミングシリーズのスタンダードモデル「X570 Phantom Gaming 4」。バランスが取れたスペックで価格次第では売れ筋となりそう

人気シリーズとなったSteel Legendからは「X570 Steel Legend」がラインナップ。コストパフォーマンスに期待の1枚

ミドルレンジモデルの代表格「X570 Extreme4」

シンプルで価格も安くなりそうなスタンダード向けATX「X570 Pro4」

唯一のMicro ATXモデルになる「X570M Pro4」

Thunderbolt 3と10ギガビットLANを搭載しつつ、LED系は排除した「X570 Creator」

注目のMini-ITXモデル「X570 Phantom Gaming-ITX/TB3」。電源回路は8フェーズでThunderbolt 3を搭載。アルミ製の一体型I/Oパネルがよく目立っていた

【関連サイト】

過去記事アーカイブ

2020年
01月
02月
06月
07月
08月
09月
2019年
01月
02月
04月
05月
07月
08月
09月
10月
11月
2018年
03月
04月
05月
06月
07月
08月
10月
11月
12月
2017年
07月