このページの本文へ

前へ 1 2 3 次へ

Windows情報局ななふぉ出張所 第155回

HUAWEI P30販売開始の動きも:

ファーウェイ問題 次の展開は

2019年05月28日 16時00分更新

文● 山口健太

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

■米国に依存しすぎることへの懸念も

 ファーウェイは自社開発による事業継続をうたうものの、KirinプロセッサーにはARMのライセンスが、Android端末の海外展開にはグーグルのサービスがほぼ必須であることから、完全に独自の道を行くのは困難とみられています。

ファーウェイ独自の「Kirin」プロセッサーも、CPUやGPUのコアにArmの技術を用いている

 一方、米国政府は中国との貿易協議にファーウェイを「カード」として用いるとの報道もあります。規制さえ解除されれば、HUAWEI P30シリーズは一気に売れ始めるとの見方もあることから、早期解決を見越して一足先に販売を再開する事業者も出てきそうです。

 むしろ今回の騒動では、GAFAを始めとするグローバル企業が米国政府の影響下にあることが浮き彫りになりました。米国に依存しすぎることに懸念を持つ人が増えることで、リスク分散をはかる動きにつながるのではないでしょうか。

前へ 1 2 3 次へ

カテゴリートップへ

この連載の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン