このページの本文へ

前へ 1 2 3 次へ

ノートPCでもGTX 16シリーズが投入される

GeForce GTX 1650発表、2万円台前半が主力のTuring世代

2019年04月23日 22時00分更新

文● 加藤勝明(KTU) 編集●ジサトライッペイ

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

で、肝心の性能は……?

 いつもの流れならここからベンチマーク編となるはずだが、今回はそれができない。NVIDIAからGTX 1650のレビュー用ドライバーはなく、情報解禁明けと同時に公開される(であろう)公式ドライバーでテストせよ、公式ドライバー以外のテストはNGという要請があったためだ。

 レビュー用β版ドライバーを出さない理由は明らかにされていないが、GTX 1650はノートPCがメインターゲットだからかもしれないし、DXRをPascal(GTX 1060 6GB以上)で開放するドライバー開発にリソースを取られ手が回らなかったのかもしれない。

 ただ今回の発表に関連するプレス向けブリーフィングから感じられたのは、NVIDIAは特にデスクトップPC向けのGTX 1650を“強力に”推していこうとは考えていないようだ。考えてみればGTX 1060の流通在庫はあるし、いまだにGTX 1060搭載カードの新製品が出ていたりする(コア設計が上位に近いGDDR5X版だったりするが)。GTX 1650を強く推せば、いたずらに滞留在庫を増やすだけと判断したのかもしれない。

 いかなる理由があるにせよ、ドライバーが手に入らない以上ベンチマークは後日になる。乞うご期待。

■関連サイト

前へ 1 2 3 次へ

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事
ピックアップ

ASCII.jpメール アキバマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中