このページの本文へ

最新IoT&ガジェットニュース第21回

Gmailで日時を指定して送信の予約ができる機能、アプリでも対応

2019年04月05日 16時00分更新

文● 金子麟太郎 編集●ASCII編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 Googleのメールサービス「Gmail」に送信予約機能が追加された。作成したメールをすぐに送信せずに好きな日時を設定して送信できる機能で、ウェブやAndroid/iOS向けアプリでも対応する。Googleによると、2019年がGmailのサービス開始から15周年ということもあり、要望の多かった新機能を追加したという。

 新機能で予約できるメール件数は最大100件まで。

 ウェブ版で新機能が使えるようになると、新規メッセージを作成するカードの左下にある「送信ボタン」に下向きの矢印(▼)が表示される。

 それを選択することで「送信日時を設定」と表示されるので、送信したい日時を設定する。

 これまでは作成したメールを「下書き」として保存し、手動で送信しなければならなかったが、今回の新機能を活用すれば作成したメールを送信し忘れることもなさそうだ。

 GoogleではGmailにはなかったリマインダー機能などが使えるメールサービス「Inbox by Gmail」を2014年から提供してきたが、2019年3月31日にサービスを終了したこともあり、今後はGmailの機能を強化する狙いもある。

筆者紹介:金子 麟太郎


 14歳の頃から、パソコンやタブレットで作曲する。CD制作にも取り組むうちに、機械にも興味を持ち、2016年(20歳)からITに関連する企業を取材し、記事を執筆する活動を始める。



■関連サイト

カテゴリートップへ

この特集の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン