このページの本文へ

前へ 1 2 3 次へ

魅惑のXperia周辺機器 ― 第148回

IPv6対応の良コスパWi-Fiルーター「Aterm WG2600HS」:Xperia周辺機器

2019年03月24日 10時00分更新

文● 君国泰将 編集●南田ゴウ

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

リーズナブルで実力十分の
Wi-Fiルーター「Aterm WG2600HS」

 最近では自宅の必須アイテムとなりつつあるワイヤレスルーターですが、今回はNEC製Wi-Fiホームルーターのスタンダードモデル「Aterm WG2600HS」をご紹介いたします。

 Aterm WG2600HSはリーズナブルなスタンダードモデルながら、上位モデル「Aterm WG2600HP3」と同じく、5GHz帯と2.4GHz帯ともに4ストリーム(4×4)に対応。大容量データの転送でも高速かつ安定して通信できるのが魅力。5GHz帯(11ac)では、今までの3ストリーム(3×3)より約1.3倍高速になる理論値最大1733Mbps、2.4GHz帯(11n)でも256QAMに対応して理論値最大800Mbpsの高速通信が可能です。

 まったくWi-Fiの電波が届かなければモバイル通信を使おうかと最悪割り切れるものの、ギリギリWi-Fiは拾いながらも通信が途切れたり、通信スピードが極端に変化することのほうがイライラするものです。

 Aterm WG2600HSは独自の回路設計やチューニング技術「ハイパワーシステム」でWi-Fi性能が向上。より快適に通信できるエリアが広がったことと、特定の機種に集中して電波を送信する「ビームフォーミング」にも対応。例えば、家の中でも端から端まで距離が離れた部屋や2階や3階でも、よりつながりやすくなっています。新たに「IPv6(IPoE)」に対応したことで、従来のIPv4方式に比べて通信が混むような時間帯でもより快適に通信できます。

 本体サイズは約38×129.5×170mmで、スクエアなデザインは上位モデルのAterm WG2600HP3と共通です。本体は縦置きと横置き、壁掛けに対応。接続端子は、本体背面にWANポート(インターネット側)がひとつ、1000Mbpsの有線LANポートが4つ。モード切り替えスイッチ、電源コネクター。側面の表側に「SETボタン」、側面裏側に初期化用のリセットボタンがあります。

前へ 1 2 3 次へ

この特集の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン