このページの本文へ

前へ 1 2 3 次へ

組みたい自作PC構成まるわかり!!第35回

【今月の自作PCレシピ】総額40万円! RazerコラボのハイスペックゲーミングPC

2019年03月09日 19時00分更新

文● 藤田 忠 編集●北村/ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 動画や音楽の視聴、ゲーミングといった用途やコスト、筐体サイズを重視するなど、自分好みに組み立てられるPC自作。ただ、その自由度の高さに比例して、パーツ選定にはある程度の知識や時間が必要になる。

※写真はイメージです。実際に使用するパーツとは異なります

 そんなパーツ選定に悩まずに済むよう、秋葉原の主要パーツショップ店員に聞いたオススメパーツ構成を紹介。コスト重視の激安から、最新ゲームをヌルヌル表示でプレイできるゲーミング構成まで、さまざまなPC構成を毎月お届けしよう。

 秋葉原や通販で、“○○○を快適に楽しめるPC自作パーツをサクッと買いたい!!”、“どんな構成が良いのか見当がつかない”といった人は注目してもらいたい。

Razerコラボケース「O11 DYNAMIC」で組む

 ゲーミングデバイスでおなじみのRazerとのコラボレーションPCケース。これまで、ブラックの筐体にRazerの三頭蛇ロゴやグリーンLEDをあしらったNZXT「H440 Designed by Razer Edition」が、2014年1月の発売以来鉄板になっていたが、残念ながらついに生産終了、完売となってしまった。

 Razer PCケースがなくなると思われたが、PCケースメーカーのLian LiとRazerがコラボ。Razer製ゲーミングデバイスでおなじみのLEDイルミネーション機能「Razer Chroma」に対応し、PCケース搭載のRGB LEDストリップを「Razer Synapse3」からコントロール可能な「O11 DYNAMIC Designed by RAZER」が2月15日より発売になっている。

Lian LiとRazerがコラボレーションした「O11 DYNAMIC RAZER Edition」。実売価格は2万1600円前後だフロントのRazerロゴ自体は発光しないが、フロントサイドのLEDストリップの光を受けて、輝いて見えるようになっている

 「O11 DYNAMIC Designed by RAZER」は、フロント強化ガラスにRazerロゴの三頭蛇が刻印されているほか、フロントサイドとボトムに「Razer Synapse3」でコントロールできるRGB LEDストリップを装備している。

当然だが、Razerグリーンに光らせるのもありだ
「O11 DYNAMIC Designed by RAZER」のスペック
製品型番 O11 DYNAMIC RAZER Edition
サイズ/重量 272(W)×458(D)×446(H)mm/9.7kg
対応最大マザーボード E-ATX
5.25インチベイ 0基
3.5インチベイ 3(2.5インチベイと排他×1、2台目の電源ユニットと排他×2)
2.5インチベイ 6(3.5インチベイと排他×1、2台目の電源ユニットと排他×2)
搭載ファン サイド:120mm×3、トップ:120mm×3、140mm×2、ボトム:120mm×3
サポートラジエーター サイド:360mmまで、トップ:360mmまで、ボトム:360mmまで
フロントポート USB 3.0 Type-A×2、USB 3.1 Type-C×1、オーディオ、マイク
拡張スロット 8基
拡張ボード長 最大420mm
CPUクーラー高 最大155mm
電源ユニット奥行き 最大255mm

 筐体デザインはNZXT「H440 Designed by Razer Edition」と異なり、幅広タイプのミドルタワーケースになるため、若干好みが分かれるところだが、フロントサイドやトップ、ボトムに360mmサイズまでのラジエーターを搭載できる高い拡張スペースと、「Razer Chroma」対応ゲーミングデバイスと同期したLEDイルミネーションを楽しめるのが魅力だ。

ThermaltakeのRingファンやASRock製マザーボードなど、「O11 DYNAMIC RAZER Edition」以外にも、「Razer Chroma」に対応するPCパーツは登場している

 今回は、そんなRazerコラボPCケースの「O11 DYNAMIC Designed by RAZER」を使ったLEDライティングパーツ満載のハイスペックゲーミングPC構成を紹介していこう。構成案はRazerのイベントを頻繁に開催しているTSUKUMO eX.のスタッフ石井さんに、考えてもらった。

BTO PCから各種PCパーツ、入力デバイスまで、地下1階~6階で扱うTSUKUMO eX.
6階スタッフで、同店の組み立て代行担当の石井さん。さまざまな構成のPCを日々組んでいる

前へ 1 2 3 次へ

この特集の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事
ピックアップ

ASCII.jpメール アキバマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中