このページの本文へ

魅惑のXperia周辺機器 第144回

水泳中も使えるメモリー内蔵の左右独立型イヤフォン:Xperia周辺機器

2019年02月24日 10時00分更新

文● 君国泰将 編集●南田ゴウ

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

スマホとはBluetoothで接続
本体側でさまざまな操作が可能

 XperiaとはBluetothで接続します。対応コーデックはSBCとAACで、再生周波数帯域は、50-8000Hz。左右の接続はNFMI接続で、アンテナ構成や部品の配置に加えてアンテナに悪影響をもたらすノイズを削減したことで接続は非常に安定しています。音声の遅延もかなり抑えられており、動画視聴時に映像と音声がズレてイライラすることもありません。

 NFCを備えたXperiaやウォークマンとのペアリングはとてもカンタンです。ケースからイヤフォンを取り出して電源オンの状態にし、キャリングケースの裏側にあるNFCを近づければペアリングが完了します。

 これだけ小さい本体でも、操作系の物理ボタンが左右にひとつずつ備わっており、ダイレクトに操作できます。左側の本体にあるボタンは、電源オン/オフ(2秒押し)、アンビエントサウンド(外音取込機能)のオン/オフ(1回押し)。素早く3回押すと、「プレーヤーモード」と「ヘッドホンモード」との切り替えとなります。

 右側の本体あるボタンは再生(1回押し)、曲送り(2回押し)、曲戻し/再生中の曲の頭出し(3回押し)、着信時に受ける終話する(1回押し)といった動作です。Androidの「Google Now」といった音声アシスタントの呼び出し(右側ボタンを2秒押し)も可能です。

 さらに、左右の本体の上をタップすると音量調整操作が可能。右側を2回タップすると音量アップ、左側お2回タップすると音量ダウン。Xperiaをすぐに触れない場合でも、本体単独でこれだけ操作できると、とても助かります。

カテゴリートップへ

この連載の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン