このページの本文へ

魅惑のXperia周辺機器 第144回

水泳中も使えるメモリー内蔵の左右独立型イヤフォン:Xperia周辺機器

2019年02月24日 10時00分更新

文● 君国泰将 編集●南田ゴウ

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

保持力の強さはなかなかのもの
本体も軽量で激しく動いても問題なし

 実際に耳に装着してみると、イヤーピース部分の長さでしっかりはめ込めることに合わせて、フィッティングサポーターが耳のフチ(耳甲介腔)のくぼみにひっかかり安定します。

 本体も小型で左右各約7.3gまで軽量化していることもあり、動いても気にならず思い切り首を振ってもジャンプしても激しく動いても、簡単に外れることはありません。「落ちてしまうかも?」という意識が働かない心地よさは、かなり大きいものがあります。

 また、WF-SP900は水が入り込まない接着剤や接合技術を使った止水構造と、腐食に強い端子を採用したこと、で海で泳いでも使えるIPX5/8の防水性能に対応。ボディーは独自のシール構造で、IP6Xの防塵性能や-5度までの耐寒性能も備えています。屋外でのスポーツやアウトドアでも安心して使え、かつ急な雨でも安心。汚れたら丸洗いできる超アクティブ仕様です。

 カバンに潜ませてもしてもかさばりにくい、省スペースなバッテリー充電機能付き収納ケースも付属します。ケース内部にヘッドセットを収めると、イヤフォンは自動的に電源オフになって充電開始、本体を2.5回フル充電できます。フル充電にかかる時間は約1.5時間です。

 連続音楽再生時間は3時間程度なので、聴き終わったらキャリングケースに収納し、聴きたいときに取り出すといった使い方がベターです。ちなみに、単独利用のプレーヤーモード(Bluetoothオフ)にすると約6時間利用可能です。

カテゴリートップへ

この連載の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン