このページの本文へ

前へ 1 2 3 4 次へ

魅惑のXperia周辺機器 ― 第144回

水泳中も使えるメモリー内蔵の左右独立型イヤフォンが便利

2019年02月24日 10時00分更新

文● 君国泰将 編集●南田ゴウ

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

スマホ接続のほか単体でも使える
左右独立型ヘッドセット「WF-SP900」

 スマホの究極のヘッドセットと言えば、左右独立型のワイヤレスヘッドセットでしょう。左右独立型のヘッドセットは、配線が一切なくひっかかったり邪魔にならない自由度が最高ですが、逆にケーブルがないということは、耳の穴(外耳孔)だけで保持することになるため落としてしまわないかという不安もあります。

 そのひとつの解とも言えるのが、左右独立型でありながらガッチリと装着でき、かつIPX68の防塵防水性能やメモリーを内蔵した、ソニーのBluetooth対応ワイヤレスヘッドセット「WF-SP900」です。さっそく、Xperiaに接続して使ってみましょう。

 WF-SP900は、ランニングや水泳といったスポーツ中の利用も想定していることもあり、他社の左右独立型ヘッドセットより装着に特徴があります。実際に本体を眺めてみると、一般的なカナル型イヤフォンと比べて耳に差し込む部分が長くなっています。

 これは耳の中での保持力を持たせるためで、さらにイヤーピースの装着位置を2段階に調整できることにより、耳の穴の深さによってさらに適合させることができます。

 ちなみに、イヤーピースは通常タイプのものがSS/S/M/Lの4種類と、水泳用イヤーピースとしてSS/S/M/Lの4種類が用意されています。さらなる装着性をアップするために、根元部分にひっかけるためのフィッティングサポーターというパーツもあります。これは耳の内側にひっかかるためのパーツで、耳の形状に合う新開発のアークサポーターが3サイズ用意されており、保持力が大幅に上がるというもの。

前へ 1 2 3 4 次へ

この特集の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン