このページの本文へ

AIサービス「PLEN Cube」で会員制施設の自動・キャッシュレス化

2019年02月04日 16時00分更新

文● ラモス/ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 スマイルリンクとPLEN Roboticsは1月30日、AIアシスタント「PLEN Cube」を用いて、IoT技術による会員制サービス施設の自動・キャッシュレス・オペレーション化に着手したと発表。画像・音声認識技術やインターネット経由の遠隔操作技術で、会員制サービス施設の社会課題である人手不足問題に対応できる。営業時間の稼働や顧客行動のデータ化で、サービスメニューの充実も可能になる。今回の取り組みは第1弾で、5月までに第2弾を発表する予定としている。

 今回、スマイルリンクが運営する会員制コワーキング&メイカースペース「おおたfab」にPLEN Roboticsが開発したAIアシスタント「PLEN Cube」を設置。画像認識を利用した会員の顔パスによる入退館手続きや、音声によるデジタル工作機械(3Dプリンター)の操作、音声による清掃用ロボットの操作など、施設運営の一部を自動化する。今後PLEN Roboticsとスマイルリンクは顔認識による会員登録や支払の自動化など、試みを続けていくとのこと。

■関連サイト

カテゴリートップへ


注目の特集
ライトニングトーク
最新記事
  • アスキー・メディアワークス
  • 角川アスキー総合研究所
  • アスキーカード
  • アスキーの本と雑誌
  • 電撃オンライン - 電撃の総合ゲーム情報&雑誌情報サイト!
  • 電撃ホビーWEB - 電撃のホビー雑誌・書籍&ホビーニュースサイト
  • 電撃文庫 - 電撃文庫&電撃文庫MAGAZINEの公式サイト
  • 電撃屋.com - 電撃のアイテムを集めた公式ショッピングサイト!

STARTUP×知財戦略バナー

IoTイベント(300x100)

ASCII STARTUPウィークリー・レビュー登録フォーム

アスキーストア(300x100)

スタートアップお勧め動画

ピックアップ