前へ 1 2 3 4 5 6 次へ

第18回 WindowsやPS4でSSD速度検証!

Samsung SSD 970 EVO Plusレビュー M.2 SSD最速の座は譲らん!

文●藤田忠 編集●北村/ASCII編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 安価で大容量なローエンドモデルが増え、注目を集めた2.5インチSSDと同じく、順調に容量あたりの単価が下がり、お買い得感が大幅アップしたのがNVMe M.2 SSDだ。

 とくに、コスパ優秀なAMD Ryzenやインテル 第9世代Coreへの買い換えをターゲットに、秋葉原ではNVMe M.2 SSDの最速クラスとなるSamsung「970 EVO」とWestern Digitalll「WD Black NVMe」の特価品が毎週末並んでいた。

 そんなSamsungが新年早々に新モデルを発表。それがSamsung「970 EVO Plus」だ。前モデルからシーケンシャルライトのパフォーマンスが大きく向上している点が特徴で、Samsung「970 EVO Plus」は型番からわかるように、「EVO」のマイナーチェンジモデルの位置づけになっている。

Samsung製SSDの新モデル「Samsung SSD 970 EVO Plus」。2月上旬発売予定だ

 対するWestern Digitalも新モデル「WD Black SN750 NVMe SSD」を発表、1月23日に発売する。水冷パーツメーカーのEK Water Blocks製ヒートシンクを備えたモデル(3月発売予定)を用意するなど、パフォーマンスも非常に気になる。

「WD Black SN750 NVMe SSD」は1月23日発売で、500GBで1万5800円前後とお手ごろだ。ただ、注目のヒートシンク搭載モデルは、3月ごろの発売になる

 今回は2月上旬発売予定のSamsung「970 EVO Plus」が、「970 EVO」からどう変わったのかチェックしていこう。

前へ 1 2 3 4 5 6 次へ

過去記事アーカイブ

2020年
01月
03月
05月
06月
07月
09月
10月
2019年
01月
03月
04月
05月
07月
09月
10月
11月
12月
2018年
01月
04月
05月
06月
07月
09月
11月
12月
2017年
06月
08月
09月
10月
2016年
02月
06月
09月
10月
11月
12月
2015年
11月
2014年
07月
12月
2013年
07月
12月
2012年
10月