「USB 3.1 Gen 2 接続 NVMe M.2 SSD 外付けケース」をバンドル

Samsung SSD「970 EVO Plus」+AOTECH製ケースのすぐに使えるパッケージが登場

文●ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 ITGマーケティングは7月30日、SamsungのNVMe M.2 SSD「970 EVO Plus」に、AOTECH「USB 3.1 Gen 2 接続 NVMe M.2 SSD 外付けケース」をバンドルしたパッケージを発売すると発表した。

 バンドルされるのは、JMicron製チップ「JMS583」を搭載し、USB 3.1 Gen 2(最大 10Gbps)に対応した、NVMe M.2 SSD向けのケース。大きさはおよそ幅35×奥行き105×高さ11mm、重さはおよそ52g。

 アルミ筐体による冷却設計。容量は500GB(MZ-V7S500B/ACA)と1TB(MZ-V7S1T0B/ACA)の2種類。バスパワーで駆動し、同梱するUSB 3.1(Type-C to A)ケーブルで、PCなどのUSB端子に接続して使用できる。

 970 EVO Plusは「Intelligent TurboWrite」技術により、書き込み速度の高速化を実現したSSD。シーケンシャル読み出し速度が最大3500MB/s、シーケンシャル書き込み速度は、1TBモデルで最大3300MB/s、500GBモデルで最大3200MB/s と、高いパフォーマンスが特徴。

 970 EVO Plusを外付けのSSDとして使用したり、PCのSSDを970 EVO Plusに換装後、余ったSSDを外付けSSD化したりと、ユーザーによって好みの使い方ができる。

 価格はオープンプライスで、実売価格は500GBモデルが1万6500円前後、1TBモデルが2万7500円前後になる見込み。

過去記事アーカイブ

2020年
01月
03月
05月
06月
07月
2019年
01月
03月
04月
05月
07月
09月
10月
11月
12月
2018年
01月
04月
05月
06月
07月
09月
11月
12月
2017年
06月
08月
09月
10月
2016年
02月
06月
09月
10月
11月
12月
2015年
11月
2014年
07月
12月
2013年
07月
12月
2012年
10月