このページの本文へ

ITGマーケティング「SMOP-SHS」

Samsung SSD 970 EVOシリーズ専用のヒートシンク

2019年09月24日 22時40分更新

文● 山県 編集●北村/ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 ITGマーケティングから、Samsung製NVMe M.2 SSD「970 EVO」や「970 EVO Plus」シリーズに対応した専用ヒートシンク「SMOP-SHS」が発売された。

Samsung製NVMe M.2 SSD「970 EVO」や「970 EVO Plus」シリーズに対応した専用ヒートシンク「SMOP-SHS」

 SamsungのNVMe M.2 SSD「970 EVO」や「970 EVO Plus」シリーズ専用のヒートシンク。SSDのコントローラーとNANDを別々に冷やすセパレートタイプとなっているのが特徴で、冷却プレートに放熱性の高いアルミニウム(2mm厚)を採用。また、信越化学工業製のシリコーンパッドを採用(熱伝導率5.2W/mK)する。

SSDのコントローラーとNANDを別々に冷やすセパレートタイプとなっている

 製造は国内設計および国内生産の長尾製作所。製品構成はアルミ製冷却プレート×2枚、アルミ製プレートカバー×2枚、耐熱絶縁テープ×2枚、放熱シリコーンパッド×2枚(貼り付け済み)、プレートカバー固定ネジ×4本。

 価格は2250円(税抜)。TSUKUMO eX.で販売中だ。

【取材協力】

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事
ピックアップ

ASCII.jpメール アキバマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中