このページの本文へ

前へ 1 2 次へ

CES 2019レポート 第29回

軽量モバイル「LG Gram」の17型や4K短焦点プロジェクターなど、CESのLGブースは新製品多数

2019年01月12日 20時15分更新

文● 山本敦 編集● ASCII編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

軽量薄型モバイルのLG Gramには1300g台の17型(!)
14型には回転ヒンジ+タッチ対応モデルも

 LGでもう1つ注目したい新製品が、日本でもリリースされているノートPCの「Gram」シリーズ。2019年は17インチの大画面モデル「17Z990」もラインナップに加わる。WQXGA(2560×1600)画素のIPS液晶を搭載。CPUはインテルの第8世代Whiskey Lake。それでいて本体は1340gだ。

 本体は米軍の物資調達規格のMILスペックに対応する堅牢性を誇る。ヘッドホンによる音楽再生はDTS Headphone Xによる立体的なサウンドが楽しめる。

 Gramシリーズの14インチの新製品「14T990」は回転ヒンジ式のギミックとタッチディスプレーを採用。通常のクラムシェルスタイルのほかにも、画面のポジションを変更して動画を楽しむエンターテインメントディスプレーとして楽しんだり、タブレットのように活用するスタイルを提案している。画面の解像度はフルHD。こちらもCPUはWhiskey Lakeで1145g。ワコムのAES 2.0対応タッチペンが同梱されている。

14インチのLG Gramは回転ヒンジディスプレイを採用。さまざまな楽しみ方ができる

14インチGramの新モデルはタッチ対応で、同梱するWacom AES 2.0対応のタッチペンでフリーハンドの書き込みができる

 CESの会場にはこのほかにも白物家電やThinQを搭載するAIロボット「CLOi(クロイ)」を集めて、総合家電メーカーとしての存在感を力強く打ち出していた。スマートフォンは昨年海外で発売されたトリプルカメラ搭載の「LG V40 ThinQ」をハイライトしていた。5Gに関連する展示は2月開催のMWCのLGブースに期待したい。

ThinQ搭載のAIロボット「CLOi」はBtoB市場向けにも展開している

LG G7など現行モデルのスマホを展示。今年もカッティングエッジな新製品に期待したい

発表会でも注目をさらった家庭用のクラフトビール製造機「LG Home Brew」

冷蔵庫の新機種。ミラードアを採用した

■関連サイト

前へ 1 2 次へ

カテゴリートップへ

この連載の記事

週刊アスキー最新号

編集部のお勧め

ASCII倶楽部

ASCII.jp Focus

MITテクノロジーレビュー

  • 電撃オンライン - 電撃の総合ゲーム情報&雑誌情報サイト!
  • 電撃ホビーWEB - 電撃のホビー雑誌・書籍&ホビーニュースサイト
  • 電撃文庫 - 電撃文庫&電撃文庫MAGAZINEの公式サイト
  • 電撃屋.com - 電撃のアイテムを集めた公式ショッピングサイト!
  • アスキー・メディアワークス
  • 角川アスキー総合研究所
  • アスキーカード
  • アスキーの本と雑誌

不正商品にご注意ください!

アスキー・ビジネスセレクション

プレミアム実機レビュー

ピックアップ

電撃モバイルNEO バナー

デジタル用語辞典

ASCII.jp RSS2.0 配信中