このページの本文へ

前へ 1 2 次へ

CES 2019レポート第29回

軽量モバイル「LG Gram」の17型や4K短焦点プロジェクターなど、CESのLGブースは新製品多数

2019年01月12日 20時15分更新

文● 山本敦 編集● ASCII編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 CES 2019におけるLGエレクトロニクスのブースをレポートしよう。毎年正面を華やかに飾るOLEDビデオウォールを今年はリニューアル。55型の有機ELパネル260枚を並べて、緩やかな曲面を付けて雄大な“滝”をイメージさせるインスタレーションに仕上がっていた。

軽量・薄型のLG「Gram」シリーズに大型17インチモデルが
LGブースに足を運んだ来場者を出迎える大迫力の有機ELパネルによるビデオウォール

巻き取り式の有機ELテレビに足を止める来場者
8K対応ももちろんアピール

 ブースに足を踏み入れると、最初に出迎えてくれるのは“巻き取り・立ち上げ式”の有機ELテレビ「R9」。複数のユニットを並べて、自動でディスプレーを上下させる展示に大勢の来場者が足を止めていた。価格や発売時期は明らかにされてないが、高機能サウンドバーも一体化しているので、かなりプレミアムクラスに位置付けられる製品になるだろう。

巻き取り・立ち上げ式の最新有機ELテレビ「R9」シリーズ

 テレビの展示は88型有機EL、75型液晶による「8K」対応も強くアピールする。最新の映像処理プロセッサー「α9」が実現する高画質・高音質が体験できるスペースも各所に設けられていた。

世界初の88型・有機ELテレビも発売する

 同社製品は、AIアシスタントとしてLGオリジナルのThinQとGoogleアシスタントに2018年のプレミアムテレビから対応しているが、2019年モデルではさらにAmazon Alexaが、スマートテレビとしては初めて本体にビルトインする形で発売される。

2019年のプレミアムクラスのテレビはAIアシスタントにマルチで対応する

 アシスタントの呼び出しは付属リモコンのボタンを押す仕様。ThinQとGoogleアシスタントは同じボタンで操作する。2019年モデルのリモコンにはAlexaを呼び出すための専用ボタンが加わることになる。

ThinQとGoogleアシスタント、Alexaはそれぞれ別のボタンで呼び出す

この夏登場の4K対応の短焦点プロジェクターも

 ディスプレー系の注目の新製品はほかにもプロジェクターがある。日本国内でも販売されているCineBeamシリーズに初の4K対応短焦点プロジェクターの「HU85L」が加わる。米国の発売時期は8月、予価は5900ドル(約63万円)。

CineBeamシリーズの4K短焦点プロジェクター「HU85L」

 膜面まで約7.1インチ(=約20cm)の投写距離で120インチの4K解像度の大画面を表示できる。webOSを採用するスマートOSのプラットフォームを搭載しているので、ネットワークに接続してのVOD配信やYouTubeの動画再生も楽しめる。AIアシスタントはThinQを搭載。

Googleアシスタントを搭載するドルビーアトモス対応サウンドバー「UBK90」

前へ 1 2 次へ

この特集の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン