このページの本文へ

CES 2019レポート 第3回

走行中の位置や速度のほか加速度、角速度、車両の状態などをデーター配信可能

四輪レース車両の走行データをリアルタイム配信「ZECH-1」

2019年01月07日 06時00分更新

文● 八尋/ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

「ZECH-1(ゼックワン)」

 Celevoは1月6日(現地時間)、同社のスポーツ用品「XON」の新ラインアップとして、ストリーミング機能付きモータースポーツ向けセンシングデバイス「ZECH-1(ゼックワン)」を発表した。1月8日から開催される「CES 2019」で展示予定。2019年夏ごろ販売開始予定で、価格は10万円程度を予定している。

 ZECH-1は、四輪レース車両の走行データを計測するセンシング機能を備え、走行状況をセンサーで捉えて、可視化したデータとカメラ映像をリアルタイム合成してライブ配信できる、レース参加ユーザー向けの製品。

 四輪レース車両に取り付けて、OBD-IIコネクターに接続して使用する。走行データを記録するだけのデータロガーとは異なり、リアルタイムに可視化情報を生成して、3G/LTE回線を利用して直接ライブ配信できるのが特徴だ。これにより、直接ライブ配信することで、走行データを活用してチームメンバーがリアルタイムに分析できるライブテレメトリー機能が使用できる。

リアルタイムでライブ配信が可能

 さらに、撮影している映像のうえに計測データをグラフィカルに表現し、オーバレイさせた状態で共有可能。6軸センサーおよびGPSを搭載し、走行中の位置や速度に加えて加速度、角速度、車両の状態などをデーター配信可能なほか、SDカードへの保存もできる。

設置イメージ

 録画解像度は最大1080/60p。エンコード方式はH.264/H.265インターネット接続、3G/LTE(USBモデム対応)、無線LANに対応する。サイズはおよそ幅180×奥行71×高さ27.5mm。

■関連サイト

カテゴリートップへ

この連載の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン