このページの本文へ

すぐに使える! XperiaのTIPS集第137回

手ぶくろをしたままタッチ操作するXperiaテク

2019年01月07日 10時00分更新

文● 中山 智 編集● ASCII編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

手袋を脱がずにスマホを操作したい!
そんなときには「手ぶくろモード」

 Xperiaシリーズの機能のうち、この寒い季節に大活躍するのが「手ぶくろモード」です。最近は指先を加工してスマートフォンが操作できる手ぶくろもありますが、「手ぶくろモード」をオンにすればそういった加工をしていない普通の手ぶくろでも、そのままタッチ操作ができます。

「手ぶくろモード」で、手ぶくろをしたままでもタッチ操作ができる

 手ぶくろモードをオンにするには、設定から「画面設定」へと移動します。さらに「詳細設定」をタップします。すると表示される項目が増えて「手ぶくろモード」にアクセスできます。

設定を起動して「画面設定」をタップ「詳細設定」を押すと「手ぶくろモード」が表示される

 あとは「手ぶくろモードの使用」にあるボタンをONにするだけ。これで手ぶくろをしたままでもタッチ操作が可能になります。ちなみに、手ぶくろモード利用時はXperia XZ3から搭載された「サイドセンス」が利用できなくなります。

ボタンをONにすれば手ぶくろモードが有効になる

 また、画面上部からスワイプして呼び出せる「クイック設定」にも手ぶくろモードをオンにできるアイコンが用意されています。このアイコンをタップすれば手ぶくろモードが有効になるので、サッと設定したい場合はこちらのほうがカンタンです。

クイック設定にも「手ぶくろモード」があり、タップすればオンにできるクイック設定からオンにすると、注意書きがポップアップで表示される

 以前のXperiaだと、手ぶくろモードをONにするとタッチしたときにディスプレーが反応している周辺にサークルが表示され、どのあたりを操作しているかわかりやすかったのですが、最近はサークルによるガイド表示はありません。ただ、タッチの反応などかなりチューニングして改良されているので、ガイドがなくても問題なく使えます。

 また、手ぶくろモードをONにしたときは、逆に素手での操作時に反応が良すぎて使いにくかったのですが、そのあたりも改善されており、素手でもある程度違和感なく操作できます。

Xperia XZ Premiumではタッチした周辺にサークルが表示されているXperia XZ3でタッチしてもなにも表示されない

 寒い屋外で手袋を外さなくても操作できるので、冬の外出中は「手ぶくとモード」をONにしておくのがオススメですよ!

※Xperia XZ3(ソフトバンク版)/Android 9で検証しました。

カテゴリートップへ

この特集の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン