このページの本文へ

前へ 1 2 次へ

荻窪圭の“這いつくばって猫に近づけ” 第590回

シグマの新型レンズ「56mm F1.4 DC DN」で夜の猫も室内猫もOK!

2018年12月15日 12時00分更新

文● 荻窪圭/猫写真家

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

レンズが欲しかったもうひとつの理由
それは家のネコを撮ること!

 さて、このレンズが欲しかった理由はもうひとつある。家の猫である。家の猫って、いくらでも近づいて撮れるのだけど(飼い主が近づけなかったら問題だし)、逆にほどよく離れて撮るのが難しかったりするのだ。遊んでもらえると思ってトコトコとこっちへ寄ってくるから。

 その点、ちょっと望遠のレンズだと、少し離れた距離から撮れるし、背景が大きくボケるので写ってはまずいものも隠せるしでちょうどいいのである。かふかがソファの背もたれの上で、あらぬ格好でくつろいでるとこを撮ったり。

後ろ足が実に器用で、最初その足はどの足だ? と思ったほど。2018年12月 オリンパス OM-D E-M1 Mark II

 仕事用の椅子の上を陣取って動かない大五郎を撮ったりとか。ちなみにうちの大五郎、写真を撮られるのが嫌いで至近距離でカメラを向けるとぷいと横を向いたり背中を向けたりしがちなのだが、このレンズなら……えっと、どういうわけか怖い顔で睨まれたけど、それは人間の感覚であって、猫的には睨んでるつもりはない、んじゃないかと思う。わからんけど。

わたしの仕事椅子の上を陣取ってじっと睨む大五郎。ここは俺が占領した、と言っているようにしか見えない。2018年12月 オリンパス OM-D E-M1 Mark II

 そんなわけで、夜の猫にも家の猫にも手頃な単焦点レンズはオススメである。デジタル一眼は買ったけど、まだ本体と同時に買ったズームレンズしか持ってない、って人はぜひ1本用意すべし。

■Amazon.co.jpで購入


筆者紹介─荻窪圭


著者近影 荻窪圭

老舗のデジタル系ライターだが、最近はMacとデジカメがメイン。ウェブ媒体やカメラ雑誌などに連載を持ちつつ、毎月何かしらの新型デジカメをレビューをしている。趣味はネコと自転車と古道散歩。単行本は『ともかくもっとカッコイイ写真が撮りたい!』(MdN。共著)、『デジカメ撮影の知恵 (宝島社新書) (宝島社新書)』(宝島社新書)、『デジタル一眼レフカメラが上手くなる本』(翔泳社。共著)、『東京古道散歩』(中経文庫)、『古地図とめぐる東京歴史探訪』(ソフトバンク新書)、『古地図でめぐる今昔 東京さんぽガイド 』(玄光社MOOK)。Twitterアカウント @ogikubokei。ブログは http://ogikubokei.blogspot.com/


前へ 1 2 次へ

カテゴリートップへ

この連載の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン