前へ 1 2 次へ

Z390マザーのおすすめはこれだ!

第9世代CoreプロセッサーにオススメなZ390マザー【ASRock編】

文●にゃんこ夏目 編集●北村/ASCII編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 ついに登場した開発コードネーム“Coffee Lake-S Refresh”こと「第9世代Coreプロセッサー」。CPUの発売に先駆けて、新型チップセット「Intel Z390」搭載マザーボードも大量デビューしている。そこで今回は、各社から発売されているマザーボードをまとめてチェック。1回目はASRockだ。

最多の10モデルを投入してきたASRock

元祖プロゲーマー「Fatal1ty」の名で親しまれてきたゲーミングシリーズは「Phantom Gaming」に変更。10製品がすでに購入可能だ

 ASRockから発売されているラインアップは、ATXからMini-ITXまで10製品。人気の「Taichi」シリーズに、Z390世代で一新された「Phantom Gaming」シリーズ、スタンダードなエントリー「PRO」シリーズが用意されている。なお、CPUの詳細については「物理8コアの9900K&9700Kは真のRyzenキラーになるか!?第9世代Core全3モデルを徹底ベンチマーク」を参照してほしい。

ASRock伝統のデジタル12電源フェーズを採用。12V電源コネクターは8+4ピンで、安定した電力を供給する

ニチコン製12Kブラックコンデンサーを採用するなど、電源周りは「第9世代Coreプロセッサー」でも安心の設計だ

「Z390 Phantom Gaming 9」「Z390 Phantom Gaming 6」ではRealtek製2.5ギガビットLANを内蔵する

カスタマイズ可能なRGB LEDイルミネーション機能「POLYCHROME RGB」をサポート。関連パーツとの同期ができる

前へ 1 2 次へ

過去記事アーカイブ

2020年
01月
02月
06月
07月
08月
09月
2019年
01月
02月
04月
05月
07月
08月
09月
10月
11月
2018年
06月
10月
12月
2017年
07月