このページの本文へ

前へ 1 2 次へ

Z390マザーのおすすめはこれだ!第3回

第9世代CoreプロセッサーにオススメなZ390マザー【GIGABYTE編】

2018年10月25日 17時00分更新

文● にゃんこ夏目 編集●北村/ASCII編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 ついに登場した開発コードネーム“Coffee Lake-S Refresh”こと「第9世代Coreプロセッサー」。CPUの発売に先駆けて、新型チップセット「Intel Z390」搭載マザーボードも大量デビューしている。そこで今回は、各社から発売されているマザーボードまとめてチェック。3回目はGIGABYTEだ。

ATXからMini-ITXまで厳選した6モデルを展開

GIGABYTE製Z390マザーのシリーズ構成

 GIGABYTEから発売されたZ390搭載マザーは、最上位の「AORUS ENTHUSIAST」シリーズを頂点に「AORUS GAMING」シリーズ、「GIGABYTE GAMING」シリーズ、「Ultra Durable」シリーズで構成されている(「DRSIGNARE」シリーズもあるが日本では未発売)。

 ゲーミング3シリーズ+スタンダード向け1シリーズという構成だが、発売されたのは全部で6モデルと、ラインアップは絞られている。なお、CPUの詳細については「物理8コアの9900K&9700Kは真のRyzenキラーになるか!?第9世代Core全3モデルを徹底ベンチマーク」を参照してほしい。

12フェーズ・デジタル電源回路やCPU補助電源コネクター、MOSFET用のヒートシンクなど「第9世代Coreプロセッサー」向けチューニングを施している
第9世代Coreプロセッサー向けチューニングを施したことにより、全コア5GHzオーバーでの安定動作を実現するという
DDR4メモリーのサポートは4133MHz以上。人気のRGBダミーモジュールがセットになったDDR4メモリー「AORUS RGB Memory 3200MHz」がお勧めだ
さらに使いやすくなった「Smart Fan 5」。ビデオカードとの連携機能もサポートしている
上位モデルではM.2 SSD冷却用の「M.2 Thermal Guard」を各スロットに搭載。サーマルスロットリングを防止し安定動作を実現する
おなじみのRGB LED制御機能「RGB Fusion」の使い勝手も向上。さまざまなデバイスを一括コントロールできる

前へ 1 2 次へ

この特集の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事
ピックアップ

ASCII.jpメール アキバマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中