ASRock「Fatal1ty X370 Gaming-ITX/ac」、「Fatal1ty AB350 Gaming-ITX/ac」

ASRockからRyzen対応のMini-ITXマザーが2モデル同時に販売開始!

文●山県 編集●北村/ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 ASRockのSocket AM4対応Mini-ITXマザーボード「Fatal1ty X370 Gaming-ITX/ac」と「Fatal1ty AB350 Gaming-ITX/ac」が秋葉原のパーツショップに入荷。明日12日から販売がスタートする。

Socket AM4対応のMini-ITXマザーボード「Fatal1ty X370 Gaming-ITX/ac」と「Fatal1ty AB350 Gaming-ITX/ac」

 発売されるのは、チップセットにAMD X370を採用する「Fatal1ty X370 Gaming-ITX/ac」と、AMD B350を採用する「Fatal1ty AB350 Gaming-ITX/ac」の2モデル。違いはチップセットのみで、その他のスペックは基本的に共通だ。ちなみに、販売されていたSocket AM4対応のMini-ITXマザーボードは、BIOSTAR「X370GTN」と「B350GTN」のみで、新たに選択肢が広がった格好だ。

AMD B350を採用する「Fatal1ty AB350 Gaming-ITX/ac」。8電源フェーズ設計で12Kブラックコンデンサーを搭載。TDP95Wで8コアモデルも搭載できる

 主なスペックは、拡張スロットが高耐久「PCI-E Steel Slot」仕様のPCI Express(3.0) x16×1。メモリーは、DDR4 DIMM×2(DDR4-3466+(OC)/3200(OC)/2933(OC)/2667/2400/2133、最大32GB)。

 オンボードインターフェースとして、ギガビットLAN(Intel I211-AT)やWi-Fi IEEE 802.11a/b/g/n/ac+Bluetooth v4.2、サウンド(Creative SoundBlaster Cinema 3)、M.2×1、SATA3.0×4、USB 3.0×6、USB 2.0×4などを装備。グラフィックス機能にHDMI1.4×2を搭載する。

Mini-ITXということでM.2スロットは基板裏面に用意されている

 価格は「Fatal1ty X370 Gaming-ITX/ac」が1万9980円、「Fatal1ty AB350 Gaming-ITX/ac」が1万5984円。パソコンショップアーク、ドスパラ パーツ館、パソコン工房秋葉原BUYMORE店、ツクモパソコン本店、ツクモDOS/Vパソコン館、TSUKUMO eX.で販売予定だ。

【関連サイト】

過去記事アーカイブ

2021年
01月
02月
03月
04月
05月
06月
2020年
01月
02月
06月
07月
08月
09月
10月
11月
12月
2019年
01月
02月
04月
05月
07月
08月
09月
10月
11月
2018年
02月
03月
04月
05月
06月
07月
08月
10月
11月
12月
2017年
01月
02月
03月
04月
06月
07月
08月
09月
10月
11月
12月
2016年
01月
02月
04月
05月
06月
07月
08月
11月
12月
2015年
02月
04月
06月
07月
08月
09月
11月
12月
2014年
02月
04月
05月
06月
07月
08月
09月
10月
11月
12月
2013年
01月
05月
06月
07月
10月
11月
12月
2012年
01月
03月
04月
05月
06月
08月
09月
10月
11月
2011年
01月
02月
03月
05月
06月
07月
08月
09月
11月
12月
2010年
02月
03月
04月
05月
06月
07月
08月
09月
2009年
04月
08月
10月
2008年
01月
02月
2007年
02月
03月
06月
07月
08月
11月
2006年
02月
03月
05月
06月
07月
08月
09月
2005年
07月
10月
2004年
08月
09月