このページの本文へ

前へ 1 2 次へ

COMPUTEX TAIPEI 2017レポート第19回

ASUSのX299マザーはVROC対応でリード12GB/s! X399マザーはソケット固定にトルクスネジ

2017年06月01日 10時15分更新

文● 中山 智 編集●北村/ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 ASUSは5月30日、台北で開催中のCOMPUTEX TAIPEI 2017で、X299チップセットを搭載した同社の最新マザーボードについてのワークショップを開催。仮想RAID技術の「VROC」への対応についてなどの解説が行なわれた。

 ワークショップで紹介されたマザーボードはX299チップセットを搭載しており、発表されたばかりの「Core Xシリーズ」に対応する。ROGブランドのマザーボードは、別開催の記者発表会で3モデルが紹介されているが、ワークショップで詳しく説明されたのは「ROG STRIX X299-E GAMING」と「ROG RAMPAGE VI APEX」の2モデル。

ROG STRIX X299-E GAMING

大きなM.2スロット用のヒートシンクを装備メモリースロットはDDR4-4000対応で8基
PCI Express x16スロット周辺の様子ROG STRIX X299-E GAMINGの主な仕様
最大3wayのSLIもしくはCrossFireXのマルチGPUをサポートしている

ROG RAMPAGE VI APE

ROG RAMPAGE VI APEXの主な仕様4つのPCI Express x16スロットを搭載している
DIMM.2モジュールを改良し、50mmmファンを搭載して冷却するX299プラットフォームの概要

スタンダードタイプの「PRIME」シリーズ

 スタンダードタイプの「PRIME」シリーズは「PRIME X299-DELUXE」と「PRIME X299-A」の2モデルを発表。上位モデルのPRIME X299-DELUXEはスタンダードタイプとはいえIEEE 802.11ad(WiGig)用のポートを装備するなど、VR HMDの使用を見越したモデルとなっている。

中央に各種情報を表示するLiveDash OLEDを搭載したPRIME X299-DELUXECPUソケット周辺の様子
M.2スロットのヒートシンクはすのこのような形状いちばん左はIEEE 802.11ad(WiGig)用のポート
PRIME X299-DELUXEの主な仕様VR HMDのワイヤレス化を見越して、IEEE 802.11ad(WiGig)に対応
OLEDディスプレーを搭載し稼働状態などが確認できる

前へ 1 2 次へ

この特集の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事
ピックアップ

ASCII.jpメール アキバマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中