このページの本文へ

こだわり部隊の本音「ジサトラ 完全版」第54回

近日発売? 価格は1万円以下?

未発売のVROC用ボード「HYPER M.2 X16 CARD」の意外な落とし穴

2017年09月18日 12時00分更新

文● ジサトライッペイ

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 どもどもジサトライッペイです。今回はASUSがCOMPUTEX TAIPEI 2017で発表した、Core Xシリーズの新機能「Intel VROC」に対応した専用ボード「HYPER M.2 X16 CARD」のレビューです。そう、未発売製品ですね。なので、正式版は挙動が変わるかもしれませんのでご注意を。

 まずはVROC専用ボードのメリットをご紹介しましょう。そもそもIntelのVROCはVirtual RAID on CPUの略で、CPU側のPCI Expressレーンを使ってNVMe SSDでRAIDを構築できる機能です。しかし、ほとんどのX299チップセット搭載マザーボードはM.2スロットが2基ぐらいしかなく、RAIDを本格的に組むには少なめです。

ASUSのVROC専用ボード「HYPER M.2 X16 CARD」

 そこで、HYPER M.2 X16 CARDの出番です。M.2 SSDを4枚挿してPCI Express×16にまとめて挿せるので、マザーボードのM.2スロット数の物理限界をあっさり超えられるというわけです。また、RAID 0は束ねれば束ねるほど高速になるので、相性が良いのです。

ジサトラ完全版:今週の研究員

ジサトライッペイ
郡山出張でうん十年ぶりに二人三脚(約1キロ)をして以来、体調がすぐれません。これが「慢性疲労」というやつかとかみしめる34歳の初秋。

この連載の記事

週間ランキングTOP5

ASCII倶楽部会員によく見られてる記事はコレだ!

ASCII倶楽部の新着記事

会員専用動画の紹介も!