このページの本文へ

「声」で消費者のきもちを可視化

アイコトバとスマートメディカルが協業、音声と感情を軸にした広告を創出

2016年12月15日 09時00分更新

文● 山口/ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 アイコトバとスマートメディカルは12月14日、音声を利用した新しい広告、マーケティングのモデルを構築するため、協業を開始することに合意したと発表。

 アイコトバは、ユーザーが企業のブランディングフレーズを音声入力することで、企業・店舗のクーポンを取得できるスマホアプリ。消費者に音声で入力してもらう広告を収益源にすることで、これまでのクーポンサイトが収益源としてきた、店舗が支払う掲載料、販売手数料、システム利用料を無料にするモデルとなっている。

 今回、スマートメディカルの音声気分解析技術「Empath」とアイコトバを組み合わせることで、ユーザーの音声から感情を解析。感情データに基づいた広告の配信およびクーポンの発行という、音声と感情を軸にした新しい広告、マーケティングのモデルを創出していくという。

カテゴリートップへ


注目の特集
ライトニングトーク
最新記事
  • アスキー・メディアワークス
  • 角川アスキー総合研究所
  • アスキーカード
  • アスキーの本と雑誌
  • 電撃オンライン - 電撃の総合ゲーム情報&雑誌情報サイト!
  • 電撃ホビーWEB - 電撃のホビー雑誌・書籍&ホビーニュースサイト
  • 電撃文庫 - 電撃文庫&電撃文庫MAGAZINEの公式サイト
  • 電撃屋.com - 電撃のアイテムを集めた公式ショッピングサイト!

STARTUP×知財戦略バナー

IoTイベント(300x100)

ASCII STARTUPウィークリー・レビュー登録フォーム

アスキーストア(300x100)

スタートアップお勧め動画

ピックアップ