このページの本文へ

iOS版アプリに搭載

話しかけられた声を文字化、見守りロボ「BOCCO」に新機能

2016年05月27日 06時00分更新

文● 川島弘之/TECH.ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 ユカイ工学は5月25日、家族間のコミュニケーションをつなぐ見守りロボット「BOCCO(ボッコ)」の新機能「こえ文字メール」をiOS版アプリ向けにリリースした。

 BOCCOは、インターネット接続(Wi-Fi)とセンサー通信(Bluetooth)が可能な見守りロボット。ネット経由でスマホと音声メッセージをやり取りできるほか、家庭内のセンサー情報をスマホに通知し、家族の生活の様子を外出先から知ることができる。

 今回、iOS版アプリに新機能「こえ文字メール」を搭載した。BOCCOが話しかけられた声を専用のスマホアプリに送り届けるほか、話しかけられた声を解析し、文字に起こして声と一緒に送ってくれる。これにより、過去に送られてきた声のメッセージを振り返る際に、一つずつ再生して確認する手間が省けるという。

 いわば、大切な家族との思い出を残す「声のアルバム」のようなもの。家族との音声やテキストのやり取り、添付した画像などがどんどん記録されていく。ありふれた家族の日常をありのまま形に残せるとしており、例えばユーザーからは「「子どもの成長はとても早く、数カ月前の声を再生するだけでも、ちょっとした声音の変化から子どもの成長を実感できた」との声が。今回の新機能で、声とともに文字として残っていくので、そんな「声のアルバム」をさらに簡単に楽しめるとしている。

 BOCCOの価格は3万1320円。アプリはiOS 8.0以降、Android 4.4および5.Xに対応する。

■関連サイト

カテゴリートップへ


注目の特集
ライトニングトーク
最新記事
  • アスキー・メディアワークス
  • 角川アスキー総合研究所
  • アスキーカード
  • アスキーの本と雑誌
  • 電撃オンライン - 電撃の総合ゲーム情報&雑誌情報サイト!
  • 電撃ホビーWEB - 電撃のホビー雑誌・書籍&ホビーニュースサイト
  • 電撃文庫 - 電撃文庫&電撃文庫MAGAZINEの公式サイト
  • 電撃屋.com - 電撃のアイテムを集めた公式ショッピングサイト!

STARTUP×知財戦略バナー

IoTイベント(300x100)

アスキーストア(300x100)

スタートアップお勧め動画

ピックアップ