このページの本文へ

プリンストンのデジギア道 第47回

機能全部盛りで1万7000円以下! デジ像「PAV-MP2YTHR」

ハイレゾ音源対応! PCレスで動画再生もできるメディアプレーヤーを試す

2016年05月11日 11時00分更新

文● 花茂未来 編集●ナカムラ/ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

USBストレージの中に入れた映像を見てみよう!

 では手始めに、USBメモリーのなかに動画を入れて再生してみたい。USBストレージのフォーマットはFAT32かNTFSに対応しているので、今回はFAT32を利用。動画をUSBメモリーに保存してPAV-MP2YTHRに接続する。

 なおPAV-MP2YTHRのUSBポートは背面と前面の2カ所。据え置き型の外付けHDDなどは背面を利用し、USBメモリーなどひんぱんに抜き差しするモバイル機器は前面ポートを利用するといった具合に使い分けられる。

USBメモリーを本体前面のUSBポートに差し込む。

ファイルマネージャーを開き、「USB」→「フォルダ名」と階層を辿る

任意のファイルを選択し、リモコンの「OK」ボタンを押すと再生開始。

 映像の再生に入るまでの時間や早送り、巻き戻し、停止などのレスポンスも良好。今回用いた映像ソースは1280×720ドット。PCの液晶ディスプレイでフルスクリーン表示すると、どうしてもモアレや荒さが目立つが、さすが高画質回路満載のテレビなだけあって、PC用液晶ディスプレイに比べてとても綺麗。

 また、手持ちの外付け光学ドライブがあれば、PAV-MP2YTHRにUSB接続するとDVD/BDプレーヤーにもなるのは個人的にうれしい。ほら、ゲーム機でDVD/BDは見られるんだけど、起動を待ったり、今遊んでるゲームディスクの入れ替えが面倒だし……ありがたい。なお、著作権保護されたコンテンツは再生に対応していないが、自分で作成したBDは再生が可能だ。またBDはメニューが表示できない点に注意。

 また、レジューム機能も活躍。急な電話や来客のため、映像を一時停止したはずが停止してしまったり、メインメニューに戻ってしまったなんて場合も、再びその映像を再生する際には「前回の続きから再生」というダイアログが出てくるのでOKを押せば該当箇所から再生を開始してくれる。

前回の続きから一発で再生できるのが便利

カテゴリートップへ

この連載の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン