このページの本文へ

前へ 1 2 3 次へ

寅年生まれ肉食ナベコの「なんでも食べてみる」第92回

小瓶で3万円の日本酒「獺祭 磨きその先へ」も飲めるかも

獺祭飲み倒れ!!リッチな日本酒1年中飲み放題の「塩梅」がヤバイ

2016年04月20日 17時00分更新

文● ナベコ

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
飲み放題ひゃっほー!!

 おいしい日本酒を好きなだけ飲めるなんて人生バラ色でしょう。

お高い日本酒も飲み放題できる最強コスパの「塩梅」

 おいしいお酒が飲めれば人生9割勝ち! そんなことを思っている酒好き記者のナベコは、今日もおいしいお酒を求めて、日本酒飲み放題のお店に来ちゃいました。

 やってきたのは「東京酒BAL塩梅 神楽坂店」。以前も、希少な地酒の飲み放題を期間限定で提供中ということで取材(飲み)に来ましたが、なんと今年4月より飲み放題プランが期間限定ではなくレギュラー化となったのです。

「庄や」の大庄グループが展開する「東京酒BAL塩梅」神楽坂店。

 歓喜!! いたしました!!

 だって、塩梅の飲み放題、スゴイのですよ。飲み放題の価格は税別2800円で、時間の制限は特にありません。日本酒飲み放題に多いスタンディングスタイルではなく、ゆったりしたテーブルに腰かけられる、というのもありがたい。

 ですが、何よりスゴイのは飲み放題のラインナップ。「獺祭 純米大吟醸 磨き二割三分」、「醸し人九平次 純米大吟醸」、「新政 ラピス」、「くどき上手ばくれん 超辛口吟醸」などなど。常時50種以上。

 お酒が好きな人はわかると思いますが、飲み放題なのに有名どころの希少な地酒が名を連ねていますよね。一般的なお店で1杯1000円前後、いや、それ以上してもおかしくないプレミアムなものがたくさん。

 日本酒飲み放題のお店は珍しくなくなってきた中でも、これだけ価値があるお酒が揃っているのはコスパが良すぎて、ちょっとヤバイというのが記者の感想です。

超お高い「獺祭 磨きその先へ」が抽選で飲める!

 そんなことで再び取材(飲み)に来ました。目的はよい酒をガブガブ、というのはもちろんですが、飲み放題プランレギュラー化記念で行なっている「獺祭 磨きその先へ」のキャンペーンにもぜひ挑戦したく思っていました。

 “磨きその先へ”は、研ぎ澄まされた味わいで人気の獺祭の中でも、理想を突き詰めたという高級酒。価格は、直販で4合瓶(720ml)が3万円以上もします。

 お、お高い……。

 塩梅 神楽坂店では4月限定で、飲み放題を注文した人から抽選で1日5名に、獺祭 磨きその先へを試飲提供するということ!

 試飲の量は約30ml。少量ではありますが、磨きその先へをお目にかかる機会自体まれなので、とても貴重です。

 私もさっそく、試飲抽選くじにチャレンジしてみました。

 抽選は箱の中に入った酒瓶の蓋の中から、“獺祭”の蓋を引いたら当たりというもの。

 なお倍率は、店内の座席が36席のため、来店の全員が飲み放題をオーダーしても36人中の5人が当たる。つまり約7分の1。来客が少ない日だとそれ以上と考えられるので、そう悪い確率ではないですね。

 運よこの手に!! 箱に手を入れてくじを引いたところ……。

 当たったー!!

 酒好きの念が天に通じたのですね。きっと。(※同伴の撮影担当ぶんも含めてクジを2回引かせてもらったところ、本当に当たりました!)

その先へーーーーー!!

 念願の高級日本酒、獺祭 磨きその先へ。

 重厚な箱の中には獺祭・旭酒造の蔵元、桜井博志氏の署名が入った文書がありました。

 内容は、獺祭の磨きその先へは“磨き二割三分”をさらに理想に近づけたもの。だから、ぜひ磨き二割三分と飲み比べて欲しい、との旨。

「常識的な純米大吟醸では踏み出せない酒質を目指し、造りの技術面においても、常識的な製造技術から一歩踏み出しました」と。ふむふむ。

獺祭、左が“磨きその先へ”。右が“磨き二割三分”

 お酒好きな方はご存知でしょうけど、獺祭の磨き二割三分も大変おいしいお酒。花のような芳しい甘みがあるのに雑味がなくスッキリ。

 ちなみに磨き二割三分も十分に貴重でお高い日本酒なのです。繰り返しになりますが、こちらは抽選関係なしに飲み放題の対象。コスパの良さに何度もびっくりしちゃいます。

 磨き二割三分を飲んだあとに、いよいよ磨きその先へをコクリ。

 うわーーーー。

 かすかな米の味わいがフッとしたかと思ったら、夢のように抜けていく。

 鼻腔に残る洗練された香り。

 獺祭 磨きその先へ。しゅごい。

おいしーー!!

 飲み比べると明確にわかるのですが、磨き二割三分もとても澄んでいておいしい。ですが、磨きその先へはそれよりさらに澄みきって凛とした味。私が今まで飲んだ日本酒の中でも、限りなく洗練されていました。

 抽選ではありますが、獺祭 磨きその先へを飲めるチャンスに挑戦しない手はないです。4月中ですよ。

前へ 1 2 3 次へ

この連載の記事
ピックアップ
もぐもぐ動画配信中!
アスキーグルメ 最新連載・特集一覧