このページの本文へ

前へ 1 2 次へ

ちょっと気になる! 小便利そうな周辺機器レビュー第40回

1回の充電で約5ヵ月動くBluetoothキーボード!? タブレットにもPS4にもナイスな極薄モデル

2016年04月12日 12時00分更新

文● 織野至

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
バッファロー「BSKBB24BK」
バッファロー「BSKBB24BK」

 スマートフォンやタブレットで物理キーボードを使用したいとなると、まず脳裏に浮かぶのは、Bluetooth接続のキーボード。小型なタイプが多く、どれにしようかと迷ってしまうことが多いのではないだろうか。

 手のサイズや好みのキーレイアウト、押下時のフィーリングなど検討項目は多々あるが、今回は迷ったらチェックしてみてほしい、バッファロー「BSKBB24BK」を見てみよう。2014年販売開始の製品になるが、人気の高いモデルだ。実売価格は2300円前後だ。

薄くて軽量、ボディーの堅牢性も上々

メインキー以外のレイアウトは変則レイアウト。スペースキーが大きいところを好む人が多そうだ メインキー以外のレイアウトは変則レイアウト。スペースキーが大きいところを好む人が多そうだ

 BSKBB24BKは持ち運びを強く意識したBluetoothキーボードで、幅233×奥行き125×高さ6mm、重量約159gとなっている。タブレットとセットで持ち歩くにしても、とりあえず、カバンの中に入れておくとしても邪魔になりにくい。

薄さ6mmなのでカバンの中にとにかく入れやすい 薄さ6mmなのでカバンの中にとにかく入れやすい

 キーボードとしては、アイソレーションタイプで、64キー。ベースターゲットがiOSデバイスであるため、Commandキーが採用されているが、WindowsやMac、Android、PS3/PS4などにも対応する。

 たとえば半角/全角変換の場合、「`」(tabキーの上にあるキー)が該当するといった具合だ。

 またキーピッチは約17mm、キーストロークは約1.2mmになっており、フルサイズキーボードよりも狭いキーピッチに慣れる必要はあるものの、打鍵感は良好だ。打鍵時にボディーがたわむ感覚もなく、軽量ながら堅牢性もしっかりと考えられているようだ。

電源スイッチは左側面にある 電源スイッチは左側面にある

 接続を見てみると、Bluetooth 3.0でマルチペアリングには対応していない。いくつかの製品で共通して使用したいと考えた場合は、気になる部分だが、単一デバイス用として考えているのであれば問題はないだろう。

 ペアリング方法は、Fn+Deleteキーの長押しだけとカンタンであるため、軽くマニュアルを読む程度で使用をスタートできる。

 またホットキーはFnキーから呼び出し可能になっており、画面ロックや検索、音楽再生など12種類が用意されている。これらはiOSデバイス専用のものだ。

右側面になるmicroUSB端子から充電をする 右側面になるmicroUSB端子から充電をする

 バッテリーには、リチウムポリマーを採用。カタログスペックを見ると、1回の充電で約5ヵ月の駆動が可能だという。

 1日8時間のPC操作のうち、キー操作割合が5%といった計算に基づくものなので、ヘビーユーザーの場合は、それ以下の駆動時間になってしまうが、それでも1ヵ月近くは充電不要と考えてよく、バッテリー持ちについてはあまり気にしなくていいのではないだろうか。

前へ 1 2 次へ

この連載の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン