このページの本文へ

快適な打鍵感とプログラマブルショートカットキーはクリエイターに最適

バッファロー、深いキーストロークを持つパンタグラフ式USBキーボード

2018年01月17日 16時00分更新

文● 行正和義 編集●ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
「BSKBU510BK」

 バッファローは1月17日、パンタグラフ式ながら深いキーストロークを持つ「ディープストロークパンタグラフ」採用のUSB接続キーボード「BSKBU510BK」を発表。1月下旬に発売する。

 3.8mmという深いキーストロークを持ち、パンタグラフのブレないキー構造による安定したキータッチとあわせて快適なキー入力を提供する。テンキー上部には4つの「プログラマブルホットキー」を搭載し、専用ソフトを用いることで任意のキーの組み合わせを自由に割り当てられる。

USBケーブルは底面のケーブルガイドにより左/右/中央の3方向への引き出しが可能

 日本語113キー配列、キーピッチは19mm。本体サイズはおよそ幅447×奥行き144×高さ34mm、重量およそ703g。価格はオープンプライス。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン