このページの本文へ

今年後半から来年初頭にも実用化

「Bluetooth 5」は情報量8倍、速度2倍、範囲4倍に

2016年06月17日 16時30分更新

文● 貝塚/ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

Bluetooth Special Interest Group公式サイトより

 Bluetooth規格の策定などを行なう米Bluetooth Special Interest Group(Bluetooth SIG)は現地時間の6月16日、次期Bluetooth規格「Bluetooth 5」の概要を発表した。

 同団体によれば、Bluetooth 5は現行のBluetooth 4.1と比較して、伝送範囲が4倍になるほか、伝送速度は2倍に、伝送できる情報量は8倍になる予定だという。

 2016年の後半から2017年初頭にも実用化される見込み。

■関連サイト

カテゴリートップへ

最新記事
最新記事

アスキー・ビジネスセレクション

ASCII.jp ビジネスヘッドライン

ピックアップ