CES 2016レポート

インテルの「RealSence 3Dカメラ」を内蔵、CPUは第6世代Core m

Core m化で500g以下、LAVIE ZERO新モデルは11.6型着脱式に進化

八尋/ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

CES2016に「LAVIE Hybrid ZERO」の新モデルとなる11.6型デタッチャブルノートパソコンを出展

 NECパーソナルコンピュータは1月6日(現地時間)、「LAVIE Hybrid ZERO」の新モデルとなる11.6型デタッチャブルノートパソコンをCES2016に出展すると発表した。

 新モデルは、タブレットとして使用できるディスプレー部が500g以下で、キーボードドックを装着しても1kg以下なのが特徴の11.6型デタッチャブルノートパソコン。筐体の一部に、アルミニウムの約50%の比重となるマグネシウムリチウム合金を採用し、軽量で堅牢性も兼ね備えているという。

キーボードドック接続時でも1kg以下

 CPUは、第6世代のCore mプロセッサーを採用。キーボードにセカンドバッテリーを搭載するほか、インテルの「RealSense 3Dカメラ(フルHD解像度対応)」を内蔵している。2016年春モデルとして販売する。詳細や正式な発売日については、後日発表する予定だ。

過去記事アーカイブ

2021年
01月
02月
2020年
01月
02月
05月
06月
07月
08月
09月
10月
11月
12月
2019年
01月
03月
05月
11月
2018年
01月
02月
2017年
01月
02月
07月
08月
10月
2016年
01月
09月
10月
11月
12月
2015年
05月
07月
08月
09月
10月
12月