このページの本文へ

前へ 1 2 3 次へ

迫力ある2.1ch YAMAHAサウンドシステムで豊かな映像体験を

4Kディスプレー搭載で映像も音も高品質!15.6型 「LAVIE Note Standard NS850/CAB」

2015年12月24日 10時00分更新

文● 山口 優、編集●ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
「LAVIE Note Standard NS850/CAB」

 NECパーソナルコンピュータのノートPCラインナップの中でも、正統派モデルとして人気を集める「LAVIE Note Standard」シリーズ。その最上位に位置するのが、15.6型の4K(3840×2160ドット)ディスプレーを搭載した「LAVIE Note Standard NS850/CAB」だ。

 今回、その実機を試すことができたので、パフォーマンスや実際に使用してみての操作感などを中心に製品の特徴を紹介していこう。

「LAVIE Note Standard NS850/CAB」の主なスペック
CPUCore i7-6500U(2.50GHz/最大3.10GHz)
メモリー8GB
ストレージ1TB SSHD
光学式ドライブBlu-ray Discドライブ
ディスプレータッチ対応 15.6型(3840×2160ドット)IGZO
オーディオヤマハ 2.1chステレオスピーカー、ヤマハ AudioEngine機能搭載
ネットワークIEEE 802.11ac/a/b/g/n、Bluetooth 4.0
インタフェースUSB 3.0端子×3、USB端子2.0、有線LAN端子、HDMI端子、ヘッドフォン/ヘッドフォンマイクジャック、スマートフォン用ヘッドフォンマイク
拡張スロットSDメモリーカードスロット
OSWindows 10 Home(64ビット)

4Kディスプレーに第6世代Core i7を搭載

 NECパーソナルコンピュータの「LAVIE Note Standard」シリーズは、15.6型ディスプレーを搭載したメインストリーム向けノートPCだ。今回試した「LAVIE Note Standard NS850/CAB」は、そのラインナップの最上位に位置するモデルで、洗練されたスタイルの筐体に高機能を凝縮した製品に仕上がっている。

タッチ対応の4K IGZO液晶を採用。IPS方式で視野角が広く、斜めから見ても色の変化が少ない

 製品の基本コンセプトは2015年夏モデルの「NS850/BAB」と同じだが、CPUから筐体デザインまで随所に改良が加えられている。おもな変更点を挙げると、まずCPUが第5世代(Broadwell)のCore i7-5500Uから第6世代(Skylake)のCore i7-6500Uに、OSがWindows 8.1 Update(64bit)から最新のWindows 10 Home(64bit)に変更された。

 筐体デザインもブラッシュアップされ、本体の厚みが従来の29.6mmから26.2mmに薄型化されている。さらに、顔認証ログインなどに利用できるインテルRealSense 3Dカメラも装備。このほか、サウンドシステムも強化されており、新たにウーファーを搭載した2.1chのYAMAHAサウンドシステムが採用されている。

厚みは従来の29.6mmから26.2mmに薄型化
顔認証ログインなどに利用できるインテルRealSense 3Dカメラを装備ウーファーを搭載した2.1chのYAMAHAサウンドシステムを採用している

 そのほかは、基本的に好評だった従来モデルのスペックを踏襲している。ディスプレーはフルHDの4倍となる4K解像度(3840×2160ドット)のタッチ対応IGZO液晶を採用。ストレージはフラッシュメモリーを内蔵したハードディスク「SSHD」で、容量は1TBとなっている。

 インターフェースも従来と変わらず、本体にはUSB 3.0端子が3基、USB 2.0端子と有線LAN端子、HDMI端子、ヘッドフォン/ヘッドフォンマイクジャック、スマートフォン用ヘッドフォンマイク、SDメモリーカードスロットをそれぞれ1基ずつ搭載。また、NFCポートやBlu-ray Discドライブも内蔵されている。

本体左側面には、DCコネクター、有線LAN端子、HDMI出力端子、USB 3.0端子×2、ヘッドフォン/ヘッドフォンマイクジャック端子がある
本体右側面に、USB 3.0端子、USB 2.0端子、Blu-ray Discドライブを搭載する
Blu-ray DiscドライブはBDXL対応。DVDスーパーマルチドライブ機能付きのもの

NEC Direct(NECダイレクト)

NEC Direct(NECダイレクト)


(次ページ、「ウーファー搭載により迫力ある低音再生を実現」)

前へ 1 2 3 次へ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン