CPUはインテル第6世代のCore i7-6500U

LAVIE、YAMAHAサブウーファー搭載した4KノートPC

貝塚/ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

4Kディスプレーを搭載する15.6型ノート「NS850」

 NECパーソナルコンピュータは9月15日、「LAVIE Note Standard」シリーズより15.6型のノートPC「NS850」および「NS750」を発表した。いずれもインテル第6世代のCore i7-6500U(2.50GHz)を搭載し、オーディオビジュアル面に注力したモデル。

 NS850、NS750共通でYAMAHAのサウンドシステムを搭載。左右2Wのスピーカーに加え、サブウーファーも搭載している。本体電源オフ時にもUSBバスパワーでの給電ができる機能、キーピッチおよそ19mm、キーストロークおよそ2.0mmと余裕のあるフルピッチのキーボード、タッチパネルなど、ノートPCとしての使いやすさを確保した上で前モデルと比べておよそ11%厚みを減らし、サイズはおよそ約幅382×奥行き270×高さ26.2m、重量およそ2.7kgというサイズにまとめている。

 上位モデルとなるNS850は4K(3840×2160ドット)解像度のディスプレーを搭載し、NFC通信にも対応する。価格はオープンプライスで、実売価格はNS850が26万円前後、NS750が23万円前後になる見込み。9月下旬に発売する。

NS750

スタンダードノートも一新

 「プレミアムモデル」という位置づけのNS850/750に対し、「スタンダードモデル」の新モデルとなるのが「NS350」「NS550」「NS700」。数字の小さい順からCore i3-6100U(2.30GHz)、Core i5-6200U(2.30GHz)、Core i7-6500U(2.50GHz)を搭載。NS550とNS700が8GBメモリーに15.6型(1920×1080ドット)ディスプレー、NS350が4GBメモリーに15.6型(1366×768ドット)ディスプレーという構成。ストレージは3モデルとも1TB HDDを搭載する。

「スタンダードモデル」の新モデル、「NS350」「NS550」「NS700」。デザインは共通。いずれも3色展開

 サイズは共通でおよそ幅382×奥行き270×高さ25.7mm、重量はおよそ2.5kg。価格は共にオープンプライスで、NS350が実売価格は17万2000円前後、NS550が19万4000円前後、NS700が21万円前後。9月下旬に発売する。

 
訂正とお詫び:初出時、製品名について一部MS850と記述している箇所がありましたが、正しくはNS850です。お詫びして訂正いたします。(2015年9月15日)
 
NEC Direct(NECダイレクト)

過去記事アーカイブ

2021年
01月
02月
03月
04月
05月
06月
2020年
01月
02月
05月
06月
07月
08月
09月
10月
11月
12月
2019年
01月
03月
05月
11月
2018年
01月
02月
2017年
01月
02月
07月
08月
10月
2016年
01月
09月
10月
11月
12月
2015年
05月
07月
08月
09月
10月
12月