このページの本文へ

前へ 1 2 次へ

ちょっと気になる! 小便利そうな周辺機器レビュー 第9回

約4000円だし、ダンボー好きなら即買いの無線LAN中継器

2015年08月25日 12時00分更新

文● 織野至

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
「WIRELESS LAN EXTENDER」は「よつばと!」とのコラボ製品。USBモバイルバッテリーと同じく、リボルテックダンボーとの互換性を持つ

「DANBOAD WIRELESS LAN EXTENDER」は「よつばと!」とのコラボ製品。USBモバイルバッテリーと同じく、リボルテックダンボーとの互換性を持つ

 無線LAN対応のルーターも定着したことで、一家にひとつはあるものになったと言っても過言ではない無線LANアクセスポイント。フリースポットを含めると、あちこちに点在するものになった。

 自宅で見た場合、アクセスポイントはひとつでいいかというと、必ずしもそうではない。電波の抜けの悪い部材を使用した壁があれば、その先では電波強度は弱くなるし、広範囲をカバーするのには1台では力不足だ。

 そうなるとアクセスポイントを増設することになるのだが、今回はそんなときに小便利な「DANBOAD WIRELESS LAN EXTENDER」(DB-WEX01、実売価格4000円前後)をチェックしていこう。

ダンボーファンにはたまらない!? 無線LAN中継器

監修された製品なので、とてもダンボー

監修された製品なので、とてもダンボー

 まずは製品外観からといいたいところだが、いわゆる「ダンボー」であり、ダンボー以外の何者でもない。

 ダンボーとは何かというと、、あずまきよひこ氏の漫画「よつばと!」に登場するロボットキャラクターで、プラモデルやフィギュアが複数のメーカーから発売されているほどの人気だ。

 そんなダンボーの姿を模したDANBOAD WIRELESS LAN EXTENDERのサイズは、幅71×奥行き49×高さ47mm。重量は約60gと軽量で小型だ。

背面にはLAN×2、microUSB端子、WPSボタンがある

背面にはLAN×2、microUSB端子、WPSボタンがある

 電源はUSB給電を採用しているものの、付属品としてUSBケーブルや電源プラグはない。ただ、ASCII.jp読者諸君の場合、microUSB―USBケーブルやUSB充電器は、まず余らせていると思われるので、問題ではないだろう。

 またLANポートは2ポート用意されており、有線LANルーターとしての機能もある。

側面には切り替えスイッチ

側面には切り替えスイッチ

 ボタン類を見ると、WPSボタンと切り替えスイッチがある。スイッチは3段階で、上はランプの消灯、中央はステータス、下はランプの常灯となっている。

 WPSボタンはリセットボタンを兼ねており、押す時間によって機能が異なる。3~10秒の場合は2.4GHz帯のWPSを試行、10~15秒で再起動、15秒以上で初期化といった具合だ。

 ルーターとしてみると操作体系はさっぱりしたものなので、追加用であればマニュアルチラ見レベルで問題はないだろう。

本体背面。中央にあるものがジョイント用の穴

本体背面。中央にあるものがジョイント用の穴

 また、上記しているが、本体底部には海洋堂の「リボルテックダンボー」(アクションフィギュア)とジョイントできるための穴もあり、リボルテックダンボーを持っているのであれば、ポージング可能なルーターにすることも可能だし、そのほかのリボルテック製品と合体させて楽しむこともできる。

(次ページに続く、「性能がどうの、というよりアクセサリーとして気持ちが高まる」)

前へ 1 2 次へ

カテゴリートップへ

この連載の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン