このページの本文へ

前へ 1 2 次へ

ちょっと気になる! 小便利そうな周辺機器レビュー 第4回

Ultrabookに超便利! USB 3.0×有線LAN×HDMIなマルチアダプターを試す!!

2015年07月14日 12時00分更新

文● 織野至

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
加賀ハイテックの「JUA375 HDMIギガビットイーサネットマルチアダプター」

加賀ハイテックの「JUA375 HDMIギガビットイーサネットマルチアダプター」

 ノートPCの薄化に伴って、かつては標準装備だった有線LANやHDMI出力を採用しないものも増えている。ビジネス向けとして展開するノートPCの多くはその限りではないが、モバイル重視でかつ軽量のものとなると、高い確率で有線LANやHDMIがないだけでなく、USBポートも少ない。

 極端な例としては、USB Type-CしかないMacBookになるが、出張先やオフィスで使用する場合、外部出力や有線LANがないと不便、というシーンは多い。とくに出張時においては、宿泊先に有線LANしかないことはよくあり、また無線LANがあっても回線速度が理不尽なくらい遅いことも多い。

こちらはパッケージ。同社のラインナップで類似している製品が多いので注意

こちらはパッケージ。同社のラインナップで類似している製品が多いので注意

 というわけで、今回は、そのあたりをカバーしてくれるアダプターをチェックしたい。製品は加賀ハイテックの「JUA375 HDMIギガビットイーサネットマルチアダプター」(実売価格9000円前後)だ。

USBポート×1があれば有線ネットも映像出力もOK!
HDMIギガビットイーサネットマルチアダプター

コンパクトなボディーに、USB 3.0×1、GigabitEther×1、HDMI×1を備える

コンパクトなボディーに、USB 3.0×1、GigabitEther×1、HDMI×1を備える

こちらはHDMI端子側

こちらはHDMI端子側

PCに接続するケーブルの長さは145mm。そこそこ長い

PCに接続するケーブルの長さは145mm。そこそこ長い

 本製品は、PCのUSB 2.0/3.0ポートに差すことで、USB 3.0×1、GigabitEther×1、HDMI×1を追加できるアダプター。

USB 2.0で接続する場合は、転送速度的にフルスペックを発揮できないため、USB 3.0前提と思っておくといいだろう。サイズは、幅43.75×奥行き90.6×高さ18.6mm、重量は約58.5g。またケーブル長は145mm。カバンの中に入れるにしても、オフィスのデスク上で展開するにしても、旅先でも邪魔になりにくい。

Windowsだけでなく、Macにも対応。ドライバーのインストール必須は変わりない

Windowsだけでなく、Macにも対応。ドライバーのインストール必須は変わりない

 セットアップには専用ドライバーのインストールが必要で、付属のCD-ROMからインストールするか、マニュアルに記載されているURLからのインストールになる。とくに専用アプリケーションを使用する類いのものではないため、邪魔になることはないだろう。インストール以降は、後述しているように、フツーに接続するだけでいい。

 気になる部分としては、USB 3.0の帯域が足りるかどうかだが、USB 3.0は理屈上、5Gbpsの帯域まで対応しており、HDMI出力しつつ、有線LANを使用しても帯域の残りに余裕がある。

 ストレージを取り付ける程度であればまず問題はないが、バスパワーで帯域を多く使用する製品、たとえば無圧縮でHDMIキャプチャーを実現するユニットなどの場合は、やや不安が残る。このあたりはよく使用する周辺機器との相談になるだろう。

(次ページに続く、「Macでの動画再生は厳しいかも……ネット接続は快適!」)

前へ 1 2 次へ

カテゴリートップへ

この連載の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン